使いやすいOSとして人気のWindows 7

これからパソコンを自作しようという場合、OSはWindows 7やWindows 8.1になりますが、ここではWindows 7の種類についておさらいしたいと思います。

自作パソコンで使用するOS Windows 7には3つの種類・エディションがあり、それぞれ32bit、64bitというものがあります。

ですからパソコンにインストールするWindows 7は、合計6通りの選択肢があるということになります。

エディション

パソコンを自作する際に一番使用されるエディションは、Home Premiumになります。

市販されているメーカー製のパソコンもほとんどがHome Premiumです。

ProfessionalやUltimateはHome Premiumにいくつかの機能が追加されていると考えていいでしょう。

  • Windows 7 Ultimate 32bit
  • Windows 7 Ultimate 64bit
  • Windows 7 Professional 32bit
  • Windows 7 Professional 64bit
  • Windows 7 Home Premium 32bit
  • Windows 7 Home Premium 64bit

32bitと64bit

OSには、32bitと64bitという2種類があります。Windows 7の各エディションにもそれぞれ32bit、64bitが用意されています。

32bitと64bitのOSの違いは、4GB以上のメモリーを認識して使用できるかどうかという点が一番の差異になります。

64bit OSは、4GB以上のメモリーを認識して使用できます。

また若干ではありますが、同じ構成のパソコンの場合、32bitより64bitのWindows 7の方がパフォーマンスが高いといわれています。

Windows 7の64bitの注意点としては、周辺機器やアプリケーションが64bit OSで動作するかどうか、ドライバが用意されているかどうかなどが上げられます。プリンターをはじめほとんどの周辺機器がWindows 7 64bitのドライバを提供していますが、一部未提供の場合もあるので確認するようにします。

またアプリケーションも最近ではほとんどが64bit OSで動作可能で、32bitエミュレーションといい32bit用のアプリケーションを、互換性の問題なく動作させることができます。周辺機器と同様、一部のアプリケーションはどうしても64bit OSでは動作しないこともありますので、念のため確認するようにします。

パソコショップでは、64bitのWindows 7が断然人気があります。

市販されているメーカー製のパソコンもWindows 7 Home Premium 64bitが増えてきています。


販売形態

自作パソコンでは、OSを比較的安価に手軽に購入することができます。

パソコンショップなど販売されている DSP版というOSがそれにあたります。

windows7DSP版 Windows 7。中にCD、外側にプロダクトキーの記載されたシールが貼られています。


パーツとのセットハードディスクやマザーボード、光学ドライブなど自作パソコンで使用する何かのパーツと一緒に購入することができるOSで、パッケージ版のOSなどに比べると非常に安いのが特徴です。


単品購入従来のパーツとの同時購入がなくなり単品購入も可能となっています。簡素な包装になります。

2014年からパソコンショップなどで順次販売が始まっています。値段はほとんど変わりません。


開封開封するとプロダクトキーやインストールDVDが入っています。


Windows 7 Home Premium 64bit DSP版。

Windows 7 Pro 64bit DSP版。


2015年 現在人気のOS

Windows 7とWindows 8.1。

これから自作パソコンで使用するOSはこのいずれかになるのですが、人気は五分五分といったところでしょうか。

好みの問題というのもあります。事業・仕事目的で使用する機会があるパソコンでは Windows 7のほうが使いやすいという評価は多いようです。

また一部のソフト(主に業務ソフト)などでは Windows 8.1への対応の遅れや不具合なども確認されており Windows 7を推奨としているところもあります。

HomeとProでは Homeのほうが価格がやや安いので購入しやすさではHomeになります。

32bitと64bitに関しては やはり64bitのほうが人気があります。

関連情報