ファイルの修復・修正

チェックディスクとは、ハードディスク上で破損しているファイルを調査して修復をしてくれる作業です。

Windows98、Meではスキャンディスクとよばれるもので、Windows 2000、XP以降のOSではチェックディスクになります。Windowsには標準で装備されている機能です。

チェックディスクを実行するとハードディスク内の問題が発生しているファイルを修正し、エラーの頻度を少なくしたり、誤動作を防いだりすることが可能です。

パソコンにもよりますが、チェックディスクは30分から1時間ぐらいかかります。3ヶ月~半年に一度ぐらいが目安です。


XP

スタートメニューもしくはデスクトップからマイコンピュータを開きます。

マイコンピュータへ

ドライブを選択して右クリック、そしてプロパティを開きます。
ドライブはほとんどの場合Cです。Windowsがインストールされているドライブにチェックディスクをかけるのが一般的です。

右クリックしてプロパティ

一番上のダブでツールを選択し、エラーチェックのチェックするをクリックします。

ツールからエラーチェック

「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし、回復する」に両方ともチェックを入れます。

チェックを入れる

メッセージが出ますので、はいをクリックしパソコンを再起動させて下さい。 ちなみWindowsが格納されたCドライブ以外は、再起動後ではなくそのままチェックディスクが始まります。

パソコンを再起動

再起動時にチェックディスクが行われます。ブルー画面で英字です。 チェックディスクが終わったら自動的にいつものデスクトップ画面になります。チェックディスクは以上です。

ブルー画面

Vista

Vistaでのやり方もXPとほとんど同じです。

スタートメニューもしくはデスクトップからマイコンピュータを開きます。

マイコンピュータ

Cドライブを選択して右クリック、そしてプロパティを開きます。

右クリックしてプロパティ

一番上のダブでツールを選択し、エラーチェックのチェックするをクリックします。

ツール

「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし、回復する」に両方ともチェックを入れます。

チェックを入れる

メッセージが出ますので、「ディスク検査のスケジュール」をクリックしパソコンを再起動させて下さい。

ディスク検査のスケジュール

再起動時にチェックディスクが行われます。Vistaの場合は黒い画面に英字です。チェックディスクが終わったら自動的にいつものデスクトップ画面になります。Vistaのチェックディスクは以上です。

黒い画面

7

Windows 7でのやり方もXP・Vistaとほとんど同じです。

スタートメニューもしくはデスクトップからマイコンピュータを開きます。

コンピューターが見当たらないときは キーボード左下のWindowsキーを押しながらE。

マイコンピュータ

Cドライブを選択して右クリック、そしてプロパティを開きます。

右クリックしてプロパティ

一番上のダブでツールを選択し、エラーチェックのチェックするをクリックします。

ツール

「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし、回復する」に両方ともチェックを入れます。

チェックを入れる

メッセージが出ますので、「ディスク検査のスケジュール」をクリックしパソコンを再起動させて下さい。

ディスク検査のスケジュール

再起動時にチェックディスクが行われます。Windows 7の場合は黒い画面に英字です。チェックディスクが終わったら自動的にいつものデスクトップ画面になります。Windows 7のチェックディスクは以上です。

黒い画面

8

Windows 8での方法もXP・Vistaなど他のOSとほとんど同じです。

マイコンピューターを開いて ドライブを右クリック→プロパティ。

コンピューターが見当たらないときは キーボード左下のWindowsキーを押しながらE。

ドライブのプロパティ

ただしWindows 8では、OSがドライブにエラーがあるのかどうか事前に教えてくれるので、チェックディスクが必要か必要でないかが分かります。

ドライブのプロパティ

基本的にはエラーがあるときだけチェックディスクを行います。

Windows 8のチェックディスクは、パソコンの再起動は行われず、Windowsが起動している状態で行われます。

ドライブのプロパティ


Q&A

Q.チェックディスクはどのぐらいの時間がかかりますか?
A.パソコンの状態にもよりますが、平均すると30分から1時間ぐらいです。ハードディスクやWindowsファイルなどに問題がある場合、5時間以上かかる場合もあります。時間に余裕があるときにチェックディスクを実行するといいでしょう。

Q.マイコンピュータを開いてチェックディスクを予約しなくても始まる時があるのですが・・・
A.前回Windowsが終了時、強制終了であったり、ハードディスクに問題が生じてきている時に自動でチェックディスクが 始まる時があります。そのままチェックディスクを続行させたほうがいいでしょう。

Q.チェックディスクの開始の時に、within 10 secondsとカウントダウンしているのは何ですか?
A.10秒以内(カウントダウンの時)にEnterキーを押すと、チェックディスクがキャンセルされます。

関連情報