基本的に埃は悪影響を及ぼす

パソコンを使用していると、内部に埃がたまる可能性については前回解説しました。

パソコン内部に埃がたまったまま使用しているとどうなるのでしょうか?

やはりあまりいい影響を与えることはありません。悪影響のほうが多いといえます。

このページでは、パソコン内部の埃が及ぼす影響について解説したいと思います。

全体への影響

機械というのはなんでも熱はあまり良くないというのは、一般的です。

車のエンジンも冷却しながら走っています。

パソコンも万能ではなくて、やはり冷却・排熱は必要です。

パソコン内に埃がたまるということは、温度が高くなる傾向があります。空気の流れに影響がでたり、機器の上に積もったりするからです。パソコン内の部品すべてが熱の影響を受けるかたちになります。

パソコン内部やいくつかの部品は、基盤や回路が露出しているのも特徴です。

基盤や回路に埃が直接付着するということは、ショートや破損につながることになります。

パソコン内部の埃というのは、パソコン全体に良い影響を与えることはなく、基本的にマイナスに作用します。


部品

PCケース

PCケースのファンが取り付けているところには埃がたまりやすくなります。

ここに埃がたまるということは、ケース外からの空気がスムーズに入ってこない、ケース内の空気がスムーズに排出されない、冷却が効きにくいということになります。

結果として、パソコン内部の温度が高めになる=パソコンの部品ひとつひとつが冷却されにくいということになり、故障する可能性が高くなったり、機器の寿命が短くなることが推測されます。

PCケースPCケースに付着している埃はパソコン全体の冷却が効きにくくなります。


電源

電源のファンに付着する埃は、電源の冷却を妨げる原因になりますのでやはり電源にはいい影響はありません。

電源ユニット内部には、コンデンサという部品がありますが高温を維持したまま動作を続けるとコンデンサの液漏れや破損などにつながることがいわれています。

最近の電源はコンデンサの質がよくなっているので、すぐに故障につながったりということはありませんが、注意すべき点ではあります。

電源電源の温度が下がりにくくなります。


CPU

CPUクーラーには一番埃がたまることで有名です。

埃がたまると、先ずCPUファンが冷却しようと高回転で回ったり、異物にひっかかったような異音がすることがあります。要するに音がうるさいというトラブルです。

そのまま使用した場合、CPUの冷却がスムーズに行われなくなります。

強制的にパソコンの電源が切れるので、ハードディスクやWindowsにも悪い影響が出ることになります。

CPUクーラーパソコンの動作が緩慢になる、パソコン使用中に電源が落ちる、ファンの音がうるさいなど。


グラフィックボード

グラフィックボードはデスクトップパソコンの一部の機種に限られますが、自作パソコンやBTOパソコンでは比較的多く見ることができます。

グラフィックボードはボード全体やファン内部に埃がたまりやすくなっています。

ケース内にたまった埃がそのまま、グラフィックボードの裏側(基盤)に付着したり、ファン内部にたまると、やはりボード全体が高温になりがちです。

グラフィックボードに内蔵されたGPU(グラフィックチップ)はただでさえ高温になりやすいため、そのまま使用した場合は、グラフィックボードの故障に直結します。

グラフィックボードには、GPU以外にもグラフィックメモリーが付いているため、これも高温で故障する可能性は高くなります。

ファンに埃がたまると、CPUファンと同じく音がうるさい、異音がすることがあります。

グラフィックボードGPU(グラフィックチップ) 、グラフィックメモリーの故障・破損、音がうるさい、異音がするなど。


メモリー

メモリーやメモリースロットに埃がが付くことはそれほど多いわけではありませんし、故障率が高いわけでもありません。

しかしやはり時としてトラブルが起きることもあります。

メモリーがやや高温になるためメモリーそのものの故障、他にパソコン起動時にメモリーで帯電が起きるなどしてパソコンが起動しないということも考えられます。

メモリーメモリーの故障、パソコンが起動しないなど。


マザーボード

パソコン内部では基盤や回路が露出している機器です。

埃の影響は大きいといえます。

マザーボードの基盤・回路のショートもそうですが、パソコン内部が高温になりコンデサ不良の可能性が高くなります。

メモリーと同じくパソコン起動時に帯電による起動不良も起きる可能性があります。

マザーボードマザーボードの故障、パソコンが起動しないなど。



関連情報