パソコン内部に埃がたまる理由

パソコンは長く使用していると、内部に埃がたまったりすることがあります。

これはノートパソコンでもデスクトップパソコンでも共通して起こりうることです。

埃がたまっているかどうかは、パソコン内部を確認しなくてもなんとなく感じることが多いのではないでしょうか?

例えば、ファンの音がうるさくなった、排気部分が以前に比べて熱くなった、またパソコン使用中に電源が落ちるなど目に見えたいトラブルとして表れることもあります。

パソコン内部を掃除・クリーニングすることで、ファンの音が小さくなったり、冷却効果が高くなったり、悩まされてたトラブルが解決するということは確かにあります。

このページでは実際に掃除・クリーニングする前に、パソコン内部に埃がたまる原因や埃がたまりやすい場所について解説してみたいと思います。

吸気と排気

そもそもパソコンは発熱します。

どういう部品が発熱するかというと、電源ユニット、CPU、HDD、グラフィックボード、マザーボード、メモリなどです。

電気で動くわけですから当然いろいろな部品が発熱することになります。

そのためパソコン内部にはいくつかファンが取り付けられます。

ファンは、PCケース、電源ユニット、CPU、グラフィックボードなどによく取り付けられています。

このファンが空気の流れを作り、パソコン内部・部品の熱をできるだけケースの外へ逃がしていくような作りになっています。

PCケースPCケース(例) 前面と背面にファンが付いています。ケースの外側からパソコン内部に空気を取り込んでいます。


CPUクーラーCPUクーラー(例) CPUの熱がヒートシンク(金属)へ伝わり、CPUファンが風を送り込むことで冷却します。


排熱電源(例) ファンが回転して空気を取り入れ 電源内の熱を排出します。


冷却グラフィックボード(例) ファンが回転してグラフィックボード全体を冷却します。


ノートパソコンノートパソコン内部。CPUの熱がヒートシンクを伝わり CPUファンからの風で冷却します。

ノートパソコンはCPUファン下の吸気口から取り入れた空気、もしくは内部の空気が流れます。



埃はどこから来るか?

パソコン内部で空気の流れが起きるので、当然パソコンの外からもパソコン内に空気が入ってきやすくなります。

このときに空気ととも埃も混じって入ってきます

そう簡単に埃がたまるわけではないのですが、長年使用していると微小な埃も積み重なってくるというわけです。

ケースにファンが付いていなかったり、空気を外から取り入れていないようなパソコンでもパソコンのわずかな隙間や排気口から入ってきます。

つまりパソコン内部の埃というのは、外から流れてくる空気とともに一緒に入ってくると考えていいでしょう。

環境にも左右されやすい

パソコンの筐体の仕組み、ファンの数や構成などによって 埃がたまりやすいというのは多少あります。

同じ環境であってもパソコンによって個体差はあるということです。

他に埃がたまりやすい傾向としては、やはり空気が汚れている環境というのがあげられます。

埃は空気とともに入ってきますので、空気中に埃や汚れが多い環境というのは必然的にパソコン内部に埃が入ってきやすくなります。

具体的にいいますと、ペットの毛、タバコの煙、土足で出入りする部屋(会社・事業所)なども関係してきます。

ちなみに空気清浄機のあるところはやはり パソコン内部も埃や汚れが少ない傾向にあります。

特に埃がたまりやすい場所

やはり埃がたまりやすい場所というのはあります。

特にファンがあるところは、空気が強く流れ込みヒートシンクや部品などがあるところなので、空気はすり抜けていっても埃は引っかかってたまっていきます。

PCケースPCケースの前面。ファンが付いていると特にたまりやすくなります。


CPUクーラーCPUクーラーは、パソコン内部でも一番埃がたまりやすい場所です。CPUファンそのものと、ファンとヒートシンクの間が一番よく埃がたまります。


ノートパソコンノートパソコンでは、CPUファンの排気口に埃がたまりやすくなります。


電源電源は排気口(ケース外)より吸気口(ケース内)に埃が付着しやすい傾向があります。


グラフィックボードグラフィックボードは、ボード裏側の基盤、ファン全体、ファン内部に埃がたまりやすくなっています。

他に埃がたまりやすい場所

パソコン内部は他に埃がたまったり付着しやすいところとしては、他に下記があげられます。

メモリーメモリーやメモリースロットの隙間など。


CPU周辺CPU周辺のマザーボード上など。


ケース端子部分ケース前面や背面の端子部分。


他にもパソコン内部というのは、いろいろなところに埃がたまります。

これはケースの形や構造、ファンの有無、パソコンを使用している場所の環境などによって異なるので、一概にはいえません、なかには何年使用していても、パソコン内部が非常にきれいな状態ということもあります。

全体的にいえることは、ファンがあるところに埃がたまりやすく、埃の多い環境での使用も可能性としては高くなります。


関連情報