圧縮と解凍とは?

圧縮ファイルをダウンロードしたり、それを解凍したりという作業はパソコンを使っているとしばしば行われます。

一番多いのはやはり、インターネット上でダウンロードしたファイルが圧縮ファイルだったというところでしょうか。

他には、メールで添付ファイルとして圧縮ファイルを受信したり、送信するときに圧縮したりということもあります。

基本的な考え方としては、ファイルやフォルダの容量をコンパクトにして、バラバラの複数のファイルを1つのものにできるというメリットがあります。

圧縮ファイルの解凍

圧縮ファイルというのは、いくつかのファイルがまとめられているのですが、圧縮ファイルそのものは拡張子が、.zip .lzh .rarというものになっています。

拡張子に種類がいくつかあるのは、圧縮に用いられたソフトが異なるからです。

これらのうち、Windowsが標準でサポートしている圧縮ファイルは .zipの拡張子です。ZIPファイルともいいます。

ZIPファイル

例えばインターネットでダウンロードしたフリーソフトなどでZIPファイル形式のものがあります。ZIPファイルを開いてプログラムの実行ファイルなどをクリックします。

実行ファイル

展開(解凍)するようにメッセージが出ます。

展開

ウィザード画面が出ます。

ウィザード

展開先(解凍場所)を選んで進みます。

展開先

するとこのように解凍されたフォルダができます。

解凍されたフォルダ

それではZIPファイル以外ではどうなるかというと・・

例えば、Windows XPで .lzhの拡張子の圧縮ファイルは不明なファイル(開くことができないファイル)として表示されます。

不明なファイル

クリックしても解凍することはできません。

解凍できない

ただし Windows 7では、拡張子 .lzhの圧縮ファイルは開けるようになっています。

Windows7

右クリックして展開。

右クリックして展開

展開されます。

解凍

Windows XPとVistaは ZIP形式のものをサポート、Windows 7では ZIP形式とLZH形式のものを解凍できるということになります。


圧縮・解凍ソフト

ZIPやLZHの拡張子以外の圧縮ファイルを解凍するには、別途解凍ソフトが必要です。

解凍ソフトはフリーで公開されているものが数多くあります。例えば下記のようなものがあります。

こうした解凍ソフトをパソコンにインストールしておくと、様々な拡張子の圧縮ファイルに対応してくれるので、開けない圧縮ファイルというのがほとんどなくなります。

圧縮ファイルがアイコンで表示されます。

アイコン

クリックするか、右クリック→解凍

解凍

圧縮ファイルの作成

通常のファイルを圧縮するにはどうするのでしょうか?

例えばメール送信などで容量を小さくしたい場合などは、フォルダを1つ作成してファイルを複数いれます。

そして、右クリック→送る→圧縮フォルダと進みます。

Windowsが標準でサポートしている圧縮ファイルは ZIP形式なので ZIPファイルとして圧縮することはできます。

右クリックして圧縮

ただし上位のような圧縮・解凍ソフトを入れている場合は、同じく右クリックして、ZIP形式以外の LZH形式などでも圧縮ファイルを作成することができます。

圧縮前のフォルダの容量と圧縮後のフォルダの容量は、異なります。もちろん圧縮後の方が容量が小さくなっているのが分かります。

圧縮したファイルのことを アーカイバファイル、圧縮ソフトのことをアーカイバともいいます。

圧縮の効果

圧縮ファイルでどのくらい効果があるのか?というところがポイントになりますが、一般的に圧縮効果が高くなるファイルとそれほど効果がみられないファイルというのはあります。

  • 効果が高いファイル・・.txt .doc .xls .bmp .jtd .pptなど
  • 効果が低いファイル・・.jpg .gif .avi .mov .mp3 .pdfなど

圧縮効果が高いのは、ワード・エクセル・パワーポイントなどのテキストファイルです。

ZIP形式かLZH形式かなど圧縮ファイルの拡張で違いが出るということはあまりありません。