ハードウェアの異常を知らせるビープ音

ビープ音とは、電子機器が通知のために発する音で、パソコンに搭載されているBIOSにもビープ音と呼ばれるものがあります。

通常時(正常起動時)はパソコンによってビープ音が鳴る場合と鳴らない場合とがありますが、BIOSが何らかの異常を感知したときは、通知するためにビープ音が鳴るのが一般的です。

BIOSには大きく分けてAWORD BIOSとAMI BIOSの2種類があり、それぞれのBIOSによってビープ音や通知している内容が少し異なります。

パソコンが起動しないなどの異常が起きたときは、BIOSのビープ音からトラブルの原因を探るということもできます。

一部メーカー製パソコンでは独自にBIOSのビープ音を設定していることもあるので、マニュアルも確認しておいたほうがいいでしょう。

AWORD BIOS


 ・(短音×1)・・正常起動
 ・・(短音×2)・・CMOS設定エラー
 -・(長音×1、短音×1)・・メモリーエラー
 -・・(長音×1、短音×2)・・グラフィックボード or モニター接続エラー
 -・・・(長音×1、短音×1)・・グラフィックメモリーエラー
 ---(長音の連続)・・メモリー接続エラー、装着エラー
 ・・・・(短音の連続)・・電源供給エラー

AMI BIOS


 ・(短音×1)・・メモリーリフレッシュエラー
 ・・(短音×2)・・メモリーバリティーエラー
 ・・・(短音×3)・・メモリーエラー
 ・・・・・(短音×5)・・CPUエラー
 ・・・・・・(短音×6)・・キーボードエラー
 ・・・・・・・(短音×7)・・CPU、マザーボードエラー
 ・・・・・・・・(短音×8)・・グラフィックメモリーエラー


メモリーやグラフィック関連が多い

すべてのパソコンでビープ音の種類が統一されているわけではなく、パソコンによってはビープ音が出ないこともありますが、パソコンの電源を入れてビープ音がするという場合は、パソコンパーツのメモリーが一番可能性は高くなります。

メモリーの故障や帯電などでよく起きますので、メモリーの取り外しや再装着などを試してみるといいでしょう。

メーカー独自のビープ音もある

NECやFijitsu、DELLなどパソコンメーカーのパソコンでは、上記のビープ音を採用しているパソコンもあれば、独自のビープ音を設定していることもあります。

同じメーカーであっても、パソコンの機種によって異なることがあります。

パソコンのマニュアルには、起動時のビープ音についてマニュアルで解説していることが多いので、メーカー製パソコンではマニュアルを確認することも大事です。

BIOS起動に必要なデバイス

一般論として、BIOSの起動は電源、マザーボード、CPU、メモリーが正常であれば起動します。

基本的にハードディスクや光学ドライブは接続されていなくても BIOSは起動します

BIOSが起動しないということは、電源、マザーボード、CPU、メモリーの問題を疑うということになってきます。

実際問題として、BIOSが起動しないというパソコンは、電源ユニットの不良、マザーボードの不良、メモリーの不良などが多いようです。

マザーボードは、いろいろな機能が集積しているボードですが、グラフィックチップの不良、電源回路(コンデンサ)の不良などが傾向としては多くなります。


関連情報