テーマの変更を覚える

Windows XPはWindows 2000までのOSと比較すると見た目がとてもきれいです。

初期設定では、デザインや視覚効果を重視したLuna(ルナ)とよばれるスタイルが使われています。Windows Vistaや7になるとAeroと呼ばれる視覚効果によりウィンドウが半透明化されるなど、さらに美しいグラフィックが演出されるようになるました。

パソコンの動作を少しでも速くしたいという場合は、こうした視覚効果を抑えてWindows 2000以前のようなクラシックスタイルに変更することで多少の効果は期待できます。

WindowsXP・Vista・7をデザイン重視から機能重視に切り替えるわけです。




XP

デスクトップ上で右クリック→プロパティ
デスクトップ上で右クリック

テーマをWindowsクラシックに変更。適用→OKで閉じます。
Windowsクラシックに変更

クラシックスタイルになります。壁紙は無地になりますが変更は可能です。
無地

マイコンピュータ右クリック→プロパティ。
デスクトップ上にマイコンピュータがない場合、左下スタートボタンの中にあります。
マイコンピュータ右クリック

詳細設定タブのパフォーマンスの設定を選択します。
詳細設定

視覚効果タブのパフォーマンスを優先するにチェックを入れ適用→OK。下のチェックが自動的に外れます。
※一番下のカスタムなら、好きな機能やデザインを選べます。
パフォーマンスを優先

Vista

デスクトップ上で右クリック→プロパティ

テーマ選択。

テーマをWindowsクラシック→適用→OK。

クラシックスタイルになりました。
壁紙が無地になりますが、パソコンから消えたわけではありません。再度設定すれば壁紙だけ元に戻すことができます。

XPと同じようにパフォーマンス優先の設定も行います。
マイコンピュータ右クリック→プロパティ。
デスクトップ上にマイコンピュータがない場合、左下スタートボタンの中にあります。

システムの詳細設定。

詳細設定→設定。

パフォーマンスを優先する→適用。

7

デスクトップ上で右クリック→個人設定
個人設定

テーマ選択の画面になるので、Windowsクラシックを選択します。

テーマをWindowsクラシックに適用した画面。

壁紙が無地になりますが、パソコンから消えたわけではありません。再度設定すれば壁紙だけ元に戻すことができます。デスクトップの背景から壁紙は変更できます。
壁紙

単色の場合は用意されている壁紙を、自分で選ぶ場合は参照から選択します。
参照

XPやVistaと同じく詳細設定を行うことができます。マイコンピュータ→プロパティ。

詳細設定→設定。

パフォーマンスを優先する→OK。

カスタム設定

XPやVista、7でパフォーマンスを優先するに設定すると、いくつか不便に思われる箇所が出てくることもあります。そうした場合は、視覚効果タブのパフォーマンス設定で必要な箇所のみチェックをいれることもできます。

XPでクラシックスタイルにして壁紙を変更するとデスクトップアイコンが少し見づらくなります。
壁紙変更

視覚効果の設定で、デスクトップのアイコンに影をつけるにチェックをいれます。
視覚効果

デスクトップのアイコンがきれいに表示されます。
アイコン

またフォルダやファイルの操作を補助するタスクも消えてしまい不便なときもかもしれません。
タスク

フォルダでよく使用するタスクを使用するにチェックを入れます。

タスクが表示されます。
表示

Vistaでパフォーマンスを優先する設定にすると、画像や写真がアイコンでしか表示されず不便な時があります。

アイコンのかわりに縮小版を表示するにチェックを入れます。
縮小版

タスクが表示されます。
表示

ベーシックテーマ

Vistaと7には、クラシック以外にもいくつかのテーマがあります。その中でもよく使用されるのがベーシックテーマです。

ウィンドウの透明化がなくなりますので、Aeroテーマに比べるとシンプルになります。
ウィンドウの透明化

上から、Aeroテーマ、ベーシック、クラシック。
Aeroテーマ ベーシック クラシック

クラシックは少し地味すぎるという場合はベーシックテーマにするといいでしょう。





メニュー