データのやり取りで使われる互換性の高いファイル

CSVファイルというは しばしば出てくるので聞いたことはあるのではないでしょうか?

個人でパソコンを使用する場合 必ずしも必要というわけではないのですが、使う機会が出てくることもあります。

まず、CSVというは Comma Separated Valueの略で、Comma(カンマ)で Separated (区切った)Value(値)です。

「カンマで値を区切ったもの」が入っているファイルで、カンマ区切りファイルともいいます。

ファイルの拡張子は .csv こういうファイルです。

CSVファイル

拡張子は .csvなのですが、そのままクリックしてメモ帳で開くことができます。

単なるテキストファイル、メモ帳で開くことができるファイルなのですが、拡張子を .csvにすることで「カンマで区切った値が入ってます」ということです。

CSVファイルは「表形式」

実際のCSVファイルの中は このようになっています。

CSVファイルの中

内容はあくまで例ですが、文字列とカンマだけというのが分かります。

非常に見づらいですし、このまま活用できるというものではありません。

それでは このCSVファイルをどうするのか?といいますと、Excelなどの表計算ソフトやAccessなどのデータベースソフトに取り込んで使用します。

Excelならデータタブのテキストファイルからファイルを指定。

Excel

Accessならの外部データタブのテキストファイルを指定。

Access

ExcelやAccessなど他のアプリケーションで 異なるファイル形式のファイルを読み込むので このことをインポートといいます。

ExcelでCSVファイルを読み込んだら このように表示されます。表形式になります。

表形式

CSVファイルの文字列やカンマ区切りには、きちんと意味があって先頭の文字列は表の見出し・列の部分になり、その後のものが行になります。

列・項目のことをフィールド、行のことをレコードといいます。


Excelファイルとの違い

CSVファイルは Excelで直接開くことができるので このように表示されていることもあります。

CSVファイル

このままクリックして開けば インポートという作業をしなくても Excelの表形式で表示されます。

ただし セルや文字に色を付けたりと書式を設定した場合、そのまま csvファイルで保存しても 書式設定は保存されません

あくまで「カンマで区切った値」のファイルなので 行や列の削除、数値の変更などしかできないのです。

セルや文字に色を付けたり グラフを追加したりなど書式設定を加えたい場合は、名前を付けて保存で Excel形式で保存します

「それだったら、はじめからExcelのファイルでいいのでは?」と思われるかもしれません。

なぜ CSVファイルがよく使われているか?といいますと、

CSVファイルを受け取った人によって アプリケーションが異なるためです。はじめから Excelファイルだと Excelを使っていない人・ない人では開くことができませし、他のアプリケーションでそのまま使うことができません。

CSVファイルはどう使うか?

CSVファイルは 具体的にどういう時に使われているか?といいますと、

身近なところで実例を見てみましょう。

Windows Live Mailのアドレス帳にあるメニューです。エクスポート カンマ区切り(.CSV)とあります。

アドレス帳

適当に名前を付けて CSVファイルとして エクスポートします。

エクスポート

Excelでインポートすると 表形式で表示されます。

Excelで表示

バックアップにもなり、他のパソコンのメールソフトにインポートしたりするということもできます。

年賀状・はがき作成ソフトの住所録も CSVファイルとして書き出すことができます。

年賀状ソフト

こうすることで アプリケーション間でデータの受け渡しが簡単にできるようになります。

WEBサービス

他に WEBサービスの明細のダウンロードがあります。

WEBサービスでは 電話や通信事業者、ネットバンクやクレジットカード、ETCなどの利用明細があります。

PDFファイルとして用意していることもありますが、利便性も考慮して CSVファイルを用意していることもあります。

利用明細

CSVファイルだと、受け取った人が Excelにインポートして 不必要な列や行を削除して編集・計算したり、他のアプリケーションで活用したりということができます。

個人で利用することを中心に紹介しましたが、CSVファイルは 企業間でのデータ交換や行政機関の公開しているオープンデータでも使われてます。

企業となると使用しているアプリケーションも様々です。相手にどの形式でデータを渡せばいいのか?と問い合わせなくても CSVファイルならまず間違いありません。

テキストファイルですから容量も軽く転送がスムーズに行えるというメリットがあります。

またオープンデータも同様で、汎用性の高いCSVファイルはよく使われます。

CSVファイルと同じように データを決められた方法で区切ったり、意味付けを行ってデータ交換に用いるものには、他に TSVファイル、XMLファイル、JSONファイルなどがあります。