デスクトップを移動する

デスクトップにあるフォルダは、すべて「デスクトップ」という名前のフォルダに入っています。

このフォルダは マイドキュメントと同じで

Windows 7では Cドライブ→ユーザー→ユーザーアカウントのフォルダの中になります。

デスクトップにフォルダやファイルがたくさんあり、データが大きい場合は、別ドライブに変更することによってCドライブの空き容量を増やすことができます。

デスクトップにあるフォルダやファイルやそれぞれ個別に移動させたりしますので デスクトップフォルダそのものを 別ドライブに移動させるということはそれほどありません。


Windows 7

まず移動させたい場所に適当にフォルダを作成します。

通常はDドライブになってくると思います。ここではDドライブに dataというフォルダを作成。

フォルダを作成

Cドライブ→ユーザー→(ユーザー名)と進むと デスクトップのフォルダがあります。

このデスクトップというフォルダに デスクトップ上にあるデータがすべて入っています。

デスクトップのフォルダ

右クリック→プロパティ。

プロパティ

現在のフォルダの場所が表示されています。ここで移動をクリック。

移動

ここで先ほど作成したフォルダを指定し、フォルダの選択。

フォルダの選択

適用。

確認

確認メッセージがでたら はいをクリック。

はい

データの移動が行われます。CドライブからDドライブに移動していることになります。

データの移動

OKでウィンドウを閉じます。

OK

Dドライブにデスクトップがあります。なので先程のCドライブにはデスクトップというフォルダはありません。

Dドライブ

正確には D→data→デスクトップなのですが、マイドキュメントやデスクトップなどのユーザーファイルは通常のフォルダと違って特殊なフォルダなので 作成したフォルダは見えないだけです。

元の場所に戻す場合は、Dドライブにあるデスクトップを右クリック→プロパティ。

プロパティ

標準に戻すをクリック。

標準に戻す

適用。

適用

メッセージは はい。

はい

ウィンドウは OKで閉じます。

OK

Cドライブ内にデスクトップフォルダが戻りました。

Cドライブ

このように デスクトップフォルダをDドライブなどに移動させることができます。