メモリー増設でスペックを上げる

デスクトップパソコンや一体型パソコンではメモリーの増設ができるものがほとんどです。

パソコンの動きをもっと早くしたい、快適に使いたいという場合 メモリーの増設はまず試しておきたい作業になります。

ノートパソコンと同じように増設作業は 比較的簡単です。

一体型パソコンは、内部構造がノートパソコンに近いため ノートパソコン用のメモリーが使われていることが多くなっています。

準備

先ずはマニュアルを確認する
デスクトップパソコンのメモリー増設は、基本的にマニュアル(説明書)をみてその通りにします。ほぼすべてのメーカー・機種でマニュアルにてメモリー増設は解説されています。

対応するメモリーを探す
今現在メモリーが何MBであり、何枚のメモリーがささっており、空きスロットがあといくつあるかということを把握し、対応するメモリーを探すことから始まります。

メモリーの空きスロットがないのにメモリーの増設はできないし、最大塔載量を超えるメモリーを増設することはできません。
メモリー増設

増設場所の確認
対応するメモリーを見つけたら、次は増設です。

デスクトップパソコンの場合は 配線を一度すべて外し ケースを開けて増設を行います。

一体型パソコンでは、ケース背面のカバーを開ければメモリーの増設スロットが用意されていることがほとんどです。

ケース内部 デスクトップパソコン。ケース内部のメモリースロット。


一体型パソコン 一体型パソコン。ケース背面のメモリースロット。ノートパソコン用メモリと同じ大きさのものがよく使われます。



方法

ここでは例としてNECのデスクトップパソコンを使ってメモリー増設を解説しています。

デスクトップパソコン

まずケースなどを外しメモリー増設場所を探します。ケースやカバーの外し方が分からないときはパソコンのマニュアルを見ます。

ケース

メモリーの増設場所を探します。スロットは通常2つか4つです。この場合は2スロットです。奥のスロットに1枚メモリーが付いています。

増設場所

スロットには必ず凹凸がいくつかあるので確認します。凹凸の数はメモリーの規格によって異なります。

メモリースロット

対応するメモリーを用意します。メモリーの切抜きとスロットの凹凸が合っているか再度確認します。

メモリー

両サイドのレバーを開き、メモリーを装着していきます。両手で全体に力を入れる感じで増設します。装着がうまく出来たらと両サイドのレバーでメモリーに固定します。(通常は増設に成功すると自動的にレバーが閉まります)

爪

増設後。

増設

あとは元通りにパソコンのカバーをはめます。BIOSもしくはWindows起動後にマイコンピュータのプロパティでメモリーが増えているかどうか確認します。

また仮想メモリの設定も変更しておいたほうがいいでしょう。