WD製 物理フォーマットツール

HDDメーカーであるWesten Digital(ウエスタン・デジタル)が無償で提供しているツールにData LifeGuard Diagnostic(DLG)があります。

Data LifeGuard Diagnosticは、ハードディスクの診断と物理フォーマットができるツールです。物理フォーマットはハードディスクにゼロを書き込んでいく作業(ゼロフィル)です。広義の物理フォーマットになります。

基本的にはWesten DigitalのHDDが利用対象ですが、他社製のハードディスクでも使用できないわけではないようです。

Dos版も用意されていますが、当サイトでは紹介しておりません。


Windows版 使用方法

ダウンロード・インストールはData LifeGuard Diagnostic ハードディスク診断で解説しています。

Data LifeGuard Diagnosticを起動します。

起動

Data LifeGuard Diagnosticの起動した画面。利用規約に同意して(チェックを入れて)Next。

同意

メイン画面です。接続されているハードディスクが表示されます。またSmart Status(Smart情報)も表示されます。Smartに異常がなければ、PASSと表示されます。

メイン画面

物理フォーマットしたいハードディスクをダブルクリック。Windowsがインストールされているドライブ、Cドライブとして起動しているドライブはフォーマットできません。

ハードディスク

WRITE ZEROSを選択してStart。

WRITE ZEROS

メッセージが表示されます。パーティションがあるかもしれませんが本当にゼロフィルを行いますか?という内容。はいを選択して進みます。

メッセージ

再度メッセージが表示されます。選択したドライブのデータが失われますが本当にゼロフィルを行いますか?という内容。はいを選択して進みます。

はい

QUICK ERASEかFULL ERASEを選択します。QUICK ERASEを実行してみます。

QUICK ERASE

QUICK ERASEが始まります。ドライブの容量にもよりますが時間は数分です。QUICK ERASEはハードディスク前半と後半のセクタのみゼロフィルを行います。

ゼロフィル

終わったらメッセージが表示されますのでOK。このメッセージは、ハードディスクにパーティションなどの情報がないという内容です。ゼロフィルで消去しているのでこのメッセージは異常を示すものではありません。

情報

Closeで閉じます。

close

次にFULL ERASEを実行します。流れはQUICK ERASEと同じです。FULL ERASEはハードディスク全領域に対してゼロフィルを行います。通常はFULL ERASEを選択します。

FULL ERASE

QUICK ERASEの時と同様メッセージが出ますのではいで進みます。FULL ERASEが始まります。ドライブの容量にもよりますがそれなりに時間がかかります。途中でキャンセルは可能です。

ゼロフィル

FULL ERASEが終わったらVIEW TEST RESULTでERASEの結果を知ることができます。

結果

VIEW TEST RESULTのテスト結果。COMPLETEとなっていればゼロフィルに成功したという意味です。

COMPLETE

Data LifeGuard DiagnosticをCloseで閉じます。

閉じる


関連情報