ハードディスクには寿命がある

ハードディスクは長く使っていると必ず寿命が来ます。

ハードディスクが悪くなると、カコカコと音がする、Windowsが起動しない、ブルースクリーン、パソコンの起動や動作が重いなどのトラブルとなってきます。

パソコンの部品の中でもハードディスクは物理的に最も動作しているデバイスです。ハードディスク内部では数分間で何千回転という速度で動いています。なので機器としての寿命は当然訪れます。ハードディスクの平均寿命は、個体差はありますが4,5年と言われています

バックアップが重要といわれているのは、ハードディスクの故障が必ず起こるためです。

パソコンの故障の6割7割がハードディスクが占めるといわれています。

ハードディスクは、セクタとよばれる膨大な記憶領域(区画)で構成されていて、このセクタが経年とともに不良セクタと呼ばれる読み取りのできないものとなります。

これがパソコンの動作に支障をきたします。

たとえばセクタにWindowsファイルやデータが書き込まれている場合、読み込みできなくなることで Windowsが起動しない、パソコンが正常に動かないということになるのです。

この不良セクタは基本的に物理的な損傷であるため、不良セクタの多いパードディスクは交換しなければなりません。

ハードディスクの検査・診断により不良セクタの有無、ハードディスク交換の必要性、パソコンに生じていたトラブルの原因の究明など多くのことを知ることが可能です。

Windows上でテスト

ハードディスクの検査は、主にフリーソフトを利用して行うことができます。これらソフトでもHDDの状態をチェックすることができ、それなりに信頼度の高い検査結果を知ることができます。

起動ディスク作成でテスト

Windowsが起動しないなどの場合は起動ディスク作成により検査・診断が可能です。(Seatoolsは、Windows版・Dos版両方使用できます)


故障している場合

ハードディスクの不良セクタが検出されたり、状態が悪いと分かった場合はデータのバックアップを早めに行い、ハードディスク交換を視野に入れておくといいでしょう。

ハードディスクは年々高密度・高回転へと進化していますので、ハードディスク交換によりパソコンの動作・レスポンスは改善・向上するのが一般的です。

半年~2年での故障もある

ハードディスクの故障は早い段階で訪れることがあります。

パソコン購入後 1年以内でも起きることもあります。1年以内の場合、メーカー保証などがつくことがほとんどなので、メーカーに申告すれば交換してくれることが多いようです。

ただし、ハードディスク内のデータは全く保証されませんので、データのバックアップは常に心掛けておくことが必要です。

パソコン以外でも多数使われている

ハードディスクはパソコン以外にも様々な機器で使用されています。

USBタイプの外付けハードディスク、LAN接続のネットワークディスク、サーバー、その他家電のHDDレーコダーなど。

これらも用途は多少違うとはいえ ハードディスクが使われています。

故障する可能性はあるという認識は必要です。

予兆・前兆

ハードディスクの故障は、「前兆」のようなものを伴うことがあります。

具体的には以下のようなものです。

  • パソコンの動作速度が極端に遅くなった
  • ブリーズ・ブルースクリーンなどがしばしば起きる
  • エラーが頻繁に起きる

などです。

他にハードディスク不良がほぼ確実と考えられるのが、何らかのメッセージとして表示される場合です。

  • パソコン電源投入後 黒い画面にHDD SMART Status badもしくは HDD SMART ERRORが表示される
  • 起動後、「ハードディスクの問題が検出されました」というウィンドウ(メッセージ)が出る
  • メーカー製パソコンに内蔵されているHDD監視ソフトにて、ハードディスクに問題があるというメッセージが出る

このような場合は、ほぼハードディスクの不良・故障と考えていいでしょう。

上記で紹介した フリーソフトのCrystalDiskInfo クリスタルディスクインフォなどは、比較的簡単にハードディスクの健康状態を知ることができます。

このソフトで定期的にハードディスク状態を確認することで、不測の事態に備えることもできます。