Windows XPの起動回復などで活用

Windows XPが正常に起動しない場合、またはまったく起動しない場合、Windows 回復コンソールを使用することで、修復・回復作業を行えることがあります。

必ず復旧するというわけではありませんが、それなりに復旧事例は多い方です。

回復コンソールを実行するには、Windows XP インストールディスクが必要です。メーカー製PCのリカバリーCDは使用できません。また回復コンソールでは主に下記の作業を行うことができます。

  • チェックディスク
  • MBR(マスタブートレコード)の修復
  • ブートセクタの修復
  • フォルダやファイルのコピー・削除
  • boot.iniの修復(再構築)

方法

Windows XP インストールディスクを光学ドライブに入れ、CDから起動させます。起動順位の変更で光学ドライブを優先起動させます。

XPインストールディスク

Windows XP インストールディスクを光学ドライブに入れ、CDから起動させて、Press any key to boot from CD...と表示されている時にキーボードのいずれかのキーを押します。

CDから起動

Windows Setupの青い画面になりますのでしばらく待ちます。

青い画面

セットアップの開始画面になります。回復コンソールを行うため キーボードのRキーを押します。

Rキー

ディスク構成の確認中という画面になります。接続されているハードディスクの確認をしているのでしばらく待ちます。

ディスク構成の確認中

使用するキーボードを選択する画面になります。通常は日本語キーボードを使用しているので、キーボードの半角/全角キーを押します。

半角/全角キー

確認画面になります。キーボードのYを押します。

Yキー

しばらく待つと黒い画面になり回復コンソールの画面になります。「どのWindows インストールにログオンしますか?」と聞いてくるので、通常は 1 を入力してEnterキーを押します。

回復コンソール

administratorのパスワードを入力してくださいと聞いてきます。ここは通常は何も入力せずEnterキーを押します。パソコンに設定しているユーザーアカウントとは異なります。 もしadministratorにパスワードを設定している場合は、そのパスワードを入力してEnterキーを押します。

administratorのパスワード

ここから回復コンソールの作業が開始できます。通常は C:¥WINDOWS> となっていますが、起動しないパソコンの場合は C:¥> と表示されていることもあります。

C

回復コンソールの作業を終える場合は EXIT と入力してEnterキーを押します。

EXIT


CHKDSK チェックディスク

回復コンソールで最も多く使用するコマンドはCHKDSK チェックディスクです。ドライブを検査し、そのドライブの修復または回復を行います。また不良セクタをマークし、読み取り可能な情報を回復します。

  • chkdsk・・・ディスクの検査のみ
  • chkdsk /p・・・ドライブの完全チェックを行い、エラーをすべて修正
  • chkdsk /r・・・不良セクタを見つけ、読み取り可能な情報を回復

通常は chkdsk /r を実行します(/r スイッチを指定すると、自動的に /p スイッチも指定していることになります)。実行するとチェックディスクが始まります。時間がかかりますのでしばらく待ちます。とまっているように見えてもチェックディスクは行われています。

CHKDSK

チェックディスクが終わったら結果が表示され C:¥WINDOWS> の入力画面に戻ります

結果

EXITと入力すると回復コンソールが終わり、パソコンが再起動します。

EXIT

FIXMBR

FIXBOOTは、ブートセクタの修復を試すことができます。

FIXBOOTと入力します。確認してくるので yキー。

FIXBOOT

早ければ数秒で終わります。

数秒

FIXMBR

FIXMBRは、マスターブートレコード(MBR)の修復を試すことができます。

FIXMBRと入力します。確認・警告してくるので yキー。

FIXMBR

こちらも早ければ数秒で終わります。

終わり