マウスとキーボードをワイヤレス化する

マウスやキーボードには無線のものもあります。

今まで有線のものを使っていて、調子が悪いのでマウスやキーボードを変更したいという場合は、無線のものにするという方法もあります。

マウスとキーボードのワイヤレス化というのは、かなり簡単です。

ここでは実例を用いて紹介したいと思います。

USBとブルートゥース

マウスとキーボードをワイヤレス化するには、USBタイプのものとBluetooth ブルートゥースのものとがあります。

通常は USBタイプのものを使用します

Bluetoothを使用してワイヤレス化することもできますが、基本的にBluetooth機能はその機能を理解している人が使います。パソコンによって使えたり使えなかったりということもありますし、USBタイプのものの方が安価だからです。

手軽にワイヤレス化したいという場合は USBタイプのものがお勧めといえます。

無線マウスを付けてみる

まずここに無線のマウスがあります。

無線マウス

中身はといいますと、USBアダプタと無線マウスです。

USBアダプタと無線マウス

このUSBアダプタをパソコン本体のUSBポートに接続します。USBならどこでもいいのです。

パソコンに接続

何かをインストールする必要もありません。Windowsの標準ドライバで認識されます。

認識

マウスには電源のON・OFFスイッチが付いています。これをONにします。

スイッチ

すぐにマウスカーソルが出て使用できるようになります。

マウスカーソル

解説するほどのことでもないのですが、無線マウスはUSBアダプタをパソコンに付けてマウス本体の電源をONにすればすぐに使用できるということです。


無線キーボード

無線のキーボードでも同様です。USBアダプタとキーボードがセットになっています。

無線キーボード

マウスと同じようにUSBアダプタをパソコンに接続してキーボードの電源をONにすればすぐに使用することができます。

電源ON

スイッチと電池

無線のマウスとキーボードには電池が入っています。

だいたい単三電池です。はじめから付いています。

パソコンを使わないときは、電源をOFFにしておくと電池も長持ちします。

どのくらい電池がもつかは使い方にもよりますが、1年以上はもつものが増えてきています。

電池が切れるとマウスのランプが消えたり効きが悪くなったり、動かなくなります。

メリット

電波の届く距離は数メートルはありますので、電波が届かなくて使えないということはよほどのことがない限りありません。

パソコン本体近くなら問題なく使用できます。

パソコン本体近く メリットとしては、机の上が広々と快適に使えることが上げられます。


立てかける 使わないときは壁に立てかけたり引き出しに直しておくこともできます。


無線のマウス・キーボードは 配線がないのでその点が一番のメリットになります。


メーカー

無線のマウス、キーボードを出しているメーカーでは、logicool(ロジクール)、Microsoft、バッファロー、ELECOMなどが有名です。

Amazon キーボード・マウス・入力機器のベストセラー

今回使用したロジクール製の無線マウスとキーボード。



関連情報