内蔵ハードディスクをSSDに交換する

ノートパソコンでは、内蔵のハードディスクが壊れた場合やパソコンの起動・動作速度を高速化したい場合に、ハードディスクの代わりにSSDを使用する方法もあります。

ノートパソコンを使用しているけど、思ったほど速度が速くない、もう少しサクサク動いてほしいという経験をされたことはないでしょうか?

ノートパソコンでは、2.5インチのハードディスクがよく使用されますが、最新のパソコンであっても 5400回転のハードディスクを使用していることが多く見受けられます。

CPUやメモリーが、どんなに高性能で容量が多いとしても ハードディスクがやや低速であるため どうしても、いまひとつ速度が思うように出てくれないというのがあるのです。

SSDはハードディスクに比較すると読み込み・書き込み速度が圧倒的に速いため、SSDに交換することで、CPUやメモリーなどの性能も最大に引き出すことができ、全体的なパソコンのパフォーマンスを向上させることができます。

ここではノートパソコンでのSSDへの交換・換装方法について解説しています。




確認事項

1.ハードディスクの大きさ
ノートパソコンで使用されるハードディスクの大きさには、1.8インチと2.5インチがあります。通常は2.5インチが使用されていますが、一部のノートパソコン(特に小型のモバイルPC)では、1.8インチのハードディスクが使用されていることがあります。

ハードディスクを取り出して目視で確認するか、パソコンの仕様書などで確認することができます。

2.ハードディスクの種類
ハードディスクの種類には、IDEとSATAという種類があります。IDEかSATAのいずれの接続形態であるかは、ハードディスクを取り出して目視で確認するか、Windows上でフリーソフトを使用して確認することもできます。

ハードディスクの回転数や、SATAの規格(SATAUかSATAVなど)も知ることができます。

手順

1.SSDの準備
ノートパソコンで現在使用されているハードディスクの大きさ・種類を確認したら、実際にSSDを準備します。2.5インチ SATA接続という組み合わせがほとんどかと思います。

2.5インチで接続形態がSATAのものを選びます。

2.ハードディスクの取り出し
パソコンからハードディスクを取り出します。パソコンによって取り出し方は異なりますが、マニュアルや分解サイトを参考にします。

最近の機種は、ハードディスクの取り出しが簡単にできるものが多くなっています。

3.マウンタの付け替え
ハードディスクはマウンタという固定する金具が付いていることが多いのです。ハードディスクからマウンタを取り外し、SSDに付け替えます。

最近の機種は、ハードディスクの取り出しが簡単にできるものが多くなっています。

4.SSDの取り付け
ノートパソコンにSSDを乾燥します。ハードディスクと大きさもほぼ同じなので簡単に換装作業が行えます。

4.OSインストール
リカバリーディスクなどでノートパソコンにOSをインストールします。

OSインストールではなく、ハードディスクのクローンを作成してSSDに交換することもできます。

その場合は、SSDを USB接続にて行います。


実際の交換・換装

ここでは、Intel SSD 320シリーズを使用しています。SATAのSSDです。
intel ssd 320
ssd

ノートパソコンからバッテリーを外して、内蔵のハードディスクを取り出します。
ハードディスク取り出し

取り外したハードディスク。マウンタといわれるノートパソコンに固定する金具等が付いています。ノートパソコンによってマウンタの種類は様々です。ネジ等で固定されているのでハードディスクからすべて取り外します。
ハードディスク

マウンタとネジ。
マウンタとネジ

ハードディスクから取り外したマウンタとネジを、SSDに取り付けます。
SSDに取り付け

ノートパソコンにSSDを換装します。SSDを取り付けたらBIOSなどで確認します。認識に成功していたら交換作業は終わりです。あとはリカバリーディスクなどでWindowsをインストールします。
換装

SSDの大きさ

メーカー製のノートパソコンに SSDは入るのだろうか?という疑問が一番多いと思います。

SSDはハードディスクとほとんど同じ大きさなのです。ノートパソコンでもSSDが使用できるようになっています。

ハードディスクとは、ネジの場所も同じなので、ほとんどすべてのノートパソコンで交換ができるようになっています。
高さ
大きさ

9.5mmと7mm

ノートパソコンの2.5インチハードディスクは、ほとんどの機種で高さ 9.5mm(上記写真)のものが使用されます。

まれに薄型のノートパソコンなどで 7mmのハードディスクが使われていることがあります。

SSDにも9.5mm専用のものと 9.5mm/7mm 可変タイプ、7mm専用のものとがあります。

左が9.5mm Intel SSD 330シリーズ、右が 9.5mm/7mm Intel SSD 520シリーズ。
厚さ

9.5mm/7mm対応のSSDは本体が薄く、スペーサー(プラスティックの部品)が付いていることが分かります。
スペーサー

このスペーサーをネジで外すことで7mmにすることができます。
7mm

2.5インチの薄型のハードディスクが使われているノートパソコンでは、このように厚さを調整できるSSDを選択するという方法もあります。
厚さを調整

9.5mmも7mmもネジ穴の場所は同じなので、7mmのものでも 基本的に9.5mmのノートパソコンなどに取り付けはできます。

SSDへの交換後に考えられるメリット

ノートパソコンにおいてHDDからSSDへ交換してどのようなメリットがあるのでしょうか?

軽くなる
HDDとSSDでは重さが違います。SSDの方が軽いのです。

交換すれば、ノートパソコン全体の重量も当然SSD交換後の方が軽くなります。バックやカバンにノートパソコンを入れて持ち運んだりするときは、少しでも軽いほうがいいですね。

衝撃に強い
これも持ち運ぶ際に一番関係していることです。

バックやカバンにノートパソコンを入れていると衝撃などが心配という方は多いのではないでしょうか?

実際に移動中に何か当たり、ハードディスクがカコッカコッとなって物理的に壊れたという事例はしばしば見受けられます。

衝撃を心配しなくても済むようになる、実際に何かに当たったりしても簡単には壊れなくなります。

バッテリーが長持ちする
HDDは可動部品がありますが、SSDには可動部品がありません。

これにより、アイドル時・動作時の消費電力に違いが出てきます。

メーカー公開値などで比較しますと、SSDはHDDの1/3〜1/5の消費電力になります。同じようにパソコンを起動させていても消費する電力が低くなるのです。

また同じ作業をする場合でもHDDよりSSDがすべてにおいて高速なので、起動時間も含めて HDDなら10分かかる作業がSSDなら5分しかかからないということもあります。

パソコンを使用する時間も短縮されるので、SSDの方が断然省電力でバッテリーも長く持つことが考えられます。

発熱はさらに抑えられる
ノートパソコンでは発熱を心配することも多いと思います。

CPU、CPUファンの他にHDDも発熱はあります。HDDの場所によっては、マウスパットやキーボード部分が熱く感じることもあります。

HDDは可動部品があるため発熱しますが、SSDは可動部品がありません。発熱がほぼゼロになります。

ノートパソコンの各部の温度が大幅に下がることはないのですが、HDDをSSDに変更した箇所やその周囲は発熱がなくなると考えていいでしょう。




SATAのノートパソコンを高速化する

少し前のパソコンにSSDを取り付けて大丈夫なのか?どのぐらい速くなるのか?というのがあるかもしれません。

ノートパソコンに内蔵されているハードディスクには、5400回転のものと7200回転のものとがあります。

ハードディスクは高速に回転するほうが、読み書き速度は速いのでこの場合、7200回転のほうがパフォーマンスは高くなる傾向があります。

しかしSSDの場合は、そもそも回転せずフラッシュに読み書きを行います。

そのためハードディスクのように、動作しながら読み書きを行うわけではないので、7200回転のハードディスクよりさらに高速な読み書きを実現します。

ハードディスクもそうですが、SSDにはSATAUやSATAVという規格があることがよくいわれます。

ただSATAには、互換性があるためあまり心配する必要はありません。

SATAUのパソコンにSATAVのSSDを使用すれば、SATAUで動作してくれます。SATAVのパソコンにSATAVのSSDを使用して、はじめてSATAVで動作するようになっています。

基本的にSATAのノートパソコンなら、SATAVのSSDでも使用出来るということです。

クリーンインストールの注意点

リカバリディスクを使用したクリーンインストールでは、一部のパソコンで注意しなければならない点があります。

これはハードディスク交換における AFTハードディスクの問題と似ています。

従来のハードディスクが1セクタ512Bであったものが、1セクタ4Kになり仕様が変わったことにより、ハードディスク交換してもXP Vistaや初期のWindows 7でクリーンインストールができないということがあります。

最近のSSDもセクタに該当するブロックと呼ばれる単位が4Kになっているため、AFTハードディスクと同じように考えることができます。

SSDに交換して クリーンインストールしようとしてもエラーが出たり、途中で止まったりするというものです。

まずXPのメーカー製パソコンでは、クリーンインストールはかなり難しいと考えておいたほうがいいしょう。

またVistaや初期のWindows 7のメーカー製パソコンでも問題が起きているようです。特にSP1が適用されていないパソコン、発売時のOSがVistaや7で、リカバリー領域やリカバリーディスクにSP1が含まれていないという場合に、クリーンインストールに失敗する傾向が高くなっています。

なのでXP、Vista、初期のWindows 7ではクローン作成によるSSDへの交換のほうが無難ということになります。

最新のIntel SSD

これからSSDを使用してみたいという はじめての方には IntelのSSDはお勧めです。

HDDからSSDのクローン作成ができるIntel Data Migration SoftwareとSSDのメンテナンスツールである Intel SSD Toolboxが無償で提供されているからです。これは Intel SSDのユーザーのみが使用することができます。

Intel SSD 335シリーズ。330シリーズの後継モデル。330シリーズからさらに低消費電力になったのが特徴。容量は80GB、180GB、240GB。(XPではアライメント調整が必要)



Intel SSD 530シリーズ。520シリーズの後継にあたる最新モデル。容量は120GB、180GB、240GB。(XPではアライメント調整が必要)
高さは 7mm、リテール版はスペーサー付きで9.5mmに変更が可能。



TOSHIBA製SSD。ベンチマーク・テストでは高い数値が出ており人気があるSSD。高さ7mmのSSD。



2013年以降は円安ドル高の影響で IntelのSSDが高騰していますのでTOSHIBAのSSDなどに人気が移っています。

関連情報

メニュー