デスクトップやウィンドウをキャプチャする

パソコンの画面に表示されているものを、画像にして保存することをキャプチャ、またはスクリーンショットといいます。キーボード操作で行うことができます。

パソコン画面のキャプチャは 2通りあり、画面全体のキャプチャと開いているウィンドウのキャプチャがあります。

Windows 7以降のOSでは、Snipping Tool スニッピングツールを使うこともできます。

画面全体のキャプチャ

ほとんどのキーボードの右上に、PrintScreenとかかれたキーがあります。PriScrと略されていることもあります。キーボードの右上のほうにあるはずです。

特に色がついていない場合は、PrintScreenを押すだけです。

キーボード右上

青色や緑色など色が付いていることがあります。

PrintScreen

キーボードの左下や右下にある Fnキー(エフエヌキー)。PrintScreenキーとFnキーは同じ色をしています。つまりこの2つのキーは対応しています。

Fn

Fnキーを押しながら PrintScreenキーを押します。

1回押せば それでキャプチャは出来ています。ここでWindowsの付属ソフト Paintを起動します。すべてのプログラム→アクセサリ→Paintです。

Paint

編集→貼り付けを実行します。

編集

キャプチャした画面が貼り付けされます。

画面

ファイル→名前を付けて保存。

貼り付け

適当に名前を付けて、JPGで保存してみましょう。

保存

画像ファイルとして保存されます

画像ファイル

ファイルを開いたら、キャプチャした画面を見ることができます。

開く

開いているウィンドウのキャプチャ

開いているウィンドウをキャプチャする方法は、Altキーを使用します。

Fnキーの近くやキーボード左下にあります。

Altキー

何かのウィンドウをパソコン画面上で開きます。そして、Altキーを押しながら PrintScreenキーを押します。

Fnキーを使う場合は、Altキーを押しながら FnキーとPrintScreenキー。

Paintで貼り付けて、保存します。下記のように開いているウィンドウだけキャプチャ出来ていたら成功です。

成功

ウィンドウがキャプチャできず、画面全体がキャプチャされるという場合は、ウィンドウが選択されていません。マウスなどで一度ウィンドウをクリックすると、選択された状態になります。

このような、選択されているウィンドウ、操作の対象となっているウィンドウをアクティブウィンドウといいます。


Snipping Tool スニッピングツール

Windows 7以降のOSには、Snipping Tool スニッピングツールという画面キャプチャのソフトウェアが標準で搭載されています。

スタートメニュー→アクセサリ→Snipping Tool。

アクセサリー

Snipping Toolが起動します。

Snipping Tool

どのようにキャプチャするか、何をキャプチャするかを選びます。

領域の選択

自由形式の領域切り取りでは、ハサミのアイコンが出てきてマウスを動かして切り取った部分がキャプチャされます。

自由形式

四角形の領域切り取りでは、マウスを動かして切り取った部分がキャプチャされます。

四角形

ウィンドウの領域切り取りでは、表示されているウィンドウのキャプチャがとれます。事前にキャプチャしたいウィンドウを表示させ、Snipping Toolを起動させるという方法です。

ウィンドウの領域切り取り

ウィンドウのキャプチャがとれます。

ウィンドウ

全画面の領域切り取りでは、デスクトップ全体のキャプチャがとれます。

全画面

ファイル→名前を付けて保存で画像として保存できます。

名前を付けて保存

ファイル形式は PNGやJPGなどを選べます。

ファイル形式

保存されたキャプチャ画像です。

保存

ペイントもSnipping Toolもよく使う場合は、デスクトップなどにショートカットを作成しておくと便利です。