Windowsを以前の状態に戻す

システムの復元は、システム(Windows)が不安定になった時に以前の復元ポイントと呼ばれる時点に、システムを戻す作業です。

プログラムやドライバをインストールして、パソコンに予想外の変更が加えられたり、Windows が異常な動作をしたりすることがあります。

通常はプログラムやドライバをアンインストールすれば問題が解決しますが、アンインストールしても問題が解決しない場合は、コンピュータのシステムを正常に機能していた日時の状態に復元してみることができます。過去の復元ポイントを選択し、その時点の状態に戻すことで、問題を解決できる可能性があります。

システムの復元は、コンピュータ上に復元ポイントを定期的に作成し保存しています。これらの復元ポイントには、レジストリの設定に関する情報、およびWindowsで使用されるその他のシステム情報が含まれています。復元ポイントを手動で作成することもできます。

システムの復元を行っても、作成したデータやファイルなどはそのまま残り消えることはありません。あくまでシステムファイルのみ変更が行われます。

システムの復元で問題が解決されることはありますが、万全の機能ではありませんので過信することはできません。


XP 復元の方法

左下スタート→すべてのプログラム→アクセサリー→システムツール→システムの復元

システムツール

システムの復元の開始ウィザードの画面です。「コンピュータを以前の状態に復元する」を選択して次へ。

システムの復元

カレンダーの中の黒字になっている日付に復元ポイントがあります。赤枠の部分をクリックしていくと前の月に作成されている復元ポイントを探すことができます。同じ日付けの中に時間別に復元ポイントがあることもあります。このときはどれか一つを選択します。選択したら次へ。

復元ポイント

確認画面です。次へでパソコンが自動的に再起動しシステムの復元が開始されます。

確認画面

システムの復元中です。多少時間がかかっても、電源を強制的に切ったりしないようにします。

復元中

システムの復元が終わるとパソコンが自動的に起動してきます。

起動

XP 復元の取り消し

システムの復元後、その行った復元を取り消すことができます。「以前の復元を取り消す」で次へ。

取り消し

復元ポイントの作成

例えば何かのアプリケーション・ドライバをインストールする際に保険をかける形で、事前に復元ポイントを作成しておくという方法もあります。

復元ポイントの作成

自分で分かる任意の名前を付けます。日付などがいいでしょう。

名前

復元ポイントの作成が終わったら閉じます。

閉じる

Vista・7 復元の方法

Vistaの方法もXPとほとんど同じです。

左下スタート→すべてのプログラム→アクセサリー→システムツール→システムの復元

システムツール

システムの復元の画面です。「推奨される復元」か「別の復元ポイントを選択する」のいずれかを選び次へ。

システムの復元

「別の復元ポイントを選択する」を選ぶと作成されている復元ポイントが表示されますので、復元ポイントを選び次へ。

選択

確認画面です。画面を閉じます。

確認

「はい」をクリックするとシステムの復元の準備が始まり、パソコンが再起動して行われます。

再起動

システムの復元中。

起動

システムの復元が終わると自動的にパソコンが起動してきてメッセージで知らせてくれます。

確認

Vista・7 復元ポイントの作成

Vistaの復元ポイントの作成は、システムの詳細設定から行います。マイコンピュータ→右クリックプロパティ。

マイコンピュータ

システムの詳細設定へ。

システム詳細設定

システムの保護→作成へ。

システムの保護

分かりやすいように名前を入力します。(日付などでもOK)

名前

復元ポイントの作成ができました。作成した復元ポイントは、システムの復元を行うときに選択できるようになっています。

作成


よくある質問

Q.システムの復元ができません。
A.復元ポイントを変えると正常にできるときがあります。いくつか復元ポイントを選択して実行してみます。

Q.どの復元ポイントを選んでもシステムの復元ができません・・
A.復元ポイントがない、またはどの復元ポイントを選んでも復元できないということはしばしばあるようです。ウイルス感染したパソコン、調子の悪いパソコンなどで起こります。他に代替手段というのは残念ながらありません。