机上の整理と同じ

デスクトップ上に作成したファイルやプログラムのショートカットアイコンがあると、すぐに開けるので便利ですが、不要なファイルや使わないショートカットアイコンがそのままになっているパソコンもよく見かけます。

デスクトップは、パソコンを操作する上での作業机といったところです。

例えば、自分の学習机やリビングの机の上がゴチャゴチャしていると支障が出てくるのと同じです。

作業がはかどるのはもちろんですが、不要なアイコンの表示がなくなることでWindowsの動作も、ほんの若干ではありますが改善されます。

デスクトップ上にフォルダを作成してファイルを分類して整理していけばいいだけです。例えばショートカット、書類、データなど自分で分かるようにフォルダを作成し整理していきます。




方法

デスクトップ上にアイコンがたくさんあります。特に初期のXPは多いです。デスクトップ上、何もないところで右クリック→プロパティ。
デスクトップ上で右クリック

画面のプロパティが開きますので、デスクトップタブ→デスクトップのカスタマイズをクリック。
画面のプロパティ

デスクトップをクリーンアップするをクリック。この機能はVistaにはありません。Vistaの場合は自分で適当にフォルダを作成してファイルを整理していきます。
デスクトップをクリーンアップする

ウィザード画面が出てきますので、次へをクリック。
次へ

不要なアイコンやほとんど使わないアイコンは、どんどんチェックをいれます。右側のカーソルも使いましょう。
チェックを入れる

確認画面です。完了をクリック。
確認画面

デスクトップがだいぶすっきりしました。使用していないショートカットというフォルダの中に、先ほど選択したアイコンが全部入ってるので、使用したいときはこのフォルダを開けばいいだけです。
デスクトップ

さらにデスクトップをすっきりさせます。
ここでのデスクトップアイコンの整理は、アイコンをマウス操作で移動させたり、右クリックさせるものです。パソコン操作の基本となりますので、パソコン初心者の方はしっかり覚えるようにしましょう。

デスクトップ上、何もないところで右クリック→新規作成→フォルダ
デスクトップ上で右クリック

フォルダの名前を分かりやすいように自由に決めます。フォルダ上で右クリック→名前の変更。書類とかデータとかで分けるといいでしょう。
フォルダの名前

あとはそのフォルダに入れたいファイルを、マウスのドラッグ&ドロップで移動させます。
ドラッグ&ドロップ

削除したいファイルは、そのファイル上で右クリック→削除。
右クリック削除

デスクトップがこれぐらいすっきりしてると快適に作業できます。
デスクトップ

アイコンの順番や場所を変更したい時は、マウスのドラッグ&ドロップで移動させます。

デスクトップ上で右クリック→アイコンの整列で、自動整列と等間隔整列を選べます。何がどう違うかはそれぞれチェックを入れてアイコンを移動させてみるとすぐ分かります。
アイコンの整列

購入直後のパソコン

購入直後、リカバリー後のパソコンというのも時として使いにくいということもあります。

壁紙がやたら目立つ色だったり、デスクトップ上に使わないアイコンやガシェットがあったりします。

購入直後のパソコン。
購入直後

壁紙変更、アイコン整理などで使いやすいようにカスタマイズしましょう。
壁紙変更




Q&A

Q.矢印の付いたファイルやアイコンは何ですか?
A.ショートカットアイコンです。ファイルやプログラムにすぐにアクセスできるようにしているアイコンなので、データそのものではありません。ショートカットアイコンは削除しても、また作りなおすことができます。
ショートカットアイコンの作成

Q.デスクトップ クリーンアップ ウィザードを使用したほうが良いですか?
A.解説しているデスクトップ クリーンアップ ウィザードはマイクロソフトは便宜上OSにつけているもので、通常のフォルダ作成による整理と何も大きな違いはありません。

Q.表示しておいたほうがいいアイコンはありますか?
A.何を表示させておくかは、自分の使いやすい方法で選んでいいと思います。他にはこちらがあげられます。
デスクトップアイコンの表示

メニュー