ISOファイルとは?

ISOファイルは、その拡張子を見れば分かるように、.ISOとなっているファイルのことです。

このISOファイルというのは、通常のファイルとは少し違っていて1つのファイルにも関わらず、CDなどに書き込むことでプログラムのように動作することができます。

簡単に言えば、起動用コードなどのデータ全部を一つのファイルにしてしまったものです。この一つのファイルになっているものをイメージファイルといいます。

ISOという言葉は、この一つのファイルにする方法が国際規格であるISOによるものだからです。

ISOファイルはCDやDVDに書き込む際はイメージファイルとしての機能を持たせるように書き込む必要があります。

そうすることで書き込まれたCDやDVDが、プログラムのように動作しメモリーテストHDD検査KNOPPIXなどWindowsに依存しなくても使えるものとなります。

ここではパソコン初心者むけに、フリーソフトを使用してISOファイルをイメージファイルとして書き込む方法をご紹介します。またWindows 7はOSに標準でISOファイルの書き込み・ライティングができるツールが導入されています。




フリーソフト かんべ

XPのみ対応です。ISOファイル書き込みが簡単にできます。インストールタイプではなく、実行ファイルをクリックして起動するソフトなのでソフトの持ち運びもできます。
かんべ
Vectorダウンロードサイト

ダウンロード終了後、圧縮ファイルと解凍されたフォルダです。 解凍されたフォルダを開きます。
かんべのダウンロード終了

kanbe.exeをクリックしプログラムを開きます。
実行

日本語にカーソルをあて設定
日本語設定

イメージファイル作成は書き込みをクリック。
書き込み

次へ進むをクリック
次へ進む

ブランクメディアを挿入します。空きのCDのことです。
ブランクメディア挿入

設定項目は特に扱う必要はありません。右上のボタンを押して 書き込みを行うISOファイルを選択します。
ISOファイル選択

拡張子がISOのファイルを指定します。
ISOファイル

ファイルを選択したら書き込みを開始します。
開始

書き込みが開始されました。終了したらかんべを閉じるだけです。これだけの作業で ISOファイルをイメージファイルとして書き込むことができます。
イメージファイル作成


CDBurnerXP

CDBurnerXPは、ISOファイル書き込み以外にも通常のライティングソフトとして使用できます。シンプルで使いやすいソフトです。DVD、日本語対応。対応OSは、Windows 2000/XP/2003 Server/Vista/2008/Win7。 CDBurnerXP

インストール中に言語で日本語にチェックを入れておくと日本語化できます。
言語

メイン画面→オプション(歯車のマーク)→Select langageで日本語化に設定できます。
日本語化

ISOイメージの書き込みからライティング可能です。
ISOイメージの書き込み

DeepBurner

DeepBurnerは、ISOファイル書き込み以外にも通常のライティングソフトとして使用できます。DVD、日本語対応。対応OSは、Windows 2000/XP/2003 Server。
DeepBurner

DeepBurner起動時の画面。ISOイメージの書き込みからライティング可能です。
DeepBurner

Windows 7

Windows 7には、標準機能としてISOファイルの書き込み・ライティングができるようになっています。方法は簡単です。

ISOファイル上で、ダブルクリックか右クリック→ディスクイメージの書き込み。
ディスクイメージの書き込み

Windows ディスクイメージ書き込みツールが起動します。
書き込み後のディスクの確認をする場合は、チェックを入れて光学ドライブにCDを入れ、書き込みをクリックします。
書き込み

書き込み中です。
書き込み中

書き込みが終わった画面。閉じるで終了です。
閉じる





メニュー