パソコンを購入時の状態に戻す

パソコンの初期化はリカバリーともいいます。パソコンを購入時や一番最初に使用していた状態に戻すことです。この場合、後からインストールしたソフト、保存していたデータ、カスタマイズした設定などはもちろんすべて消えます。ウイルスなどに感染していた場合はそれらウイルスも消えてなくなります。

またパソコンの初期化は大きく分けて、3種類の方法があります。

  • パソコンに添付されているリカバリーCDから行う
  • パソコンのHDDに内蔵されているリカバリー領域から行う(D to Dリカバリー)
  • 自作パソコンでは、WindowsインストールCDを使用する

確認事項

1.データのバックアップは取れているか?
マイドキュメント、デスクトップ、メール送受信データ、お気に入りなど大事なデータが残っていないかどうか確認します。データが残っている場合は、バックアップを取ります。

2.ハードウェアの異常を抱えていないか?
パソコンを初期化する理由に、パソコンの速度が遅くなった、調子が悪いなどをよく聞きます。調子の悪い原因がWindowsにあるなら、パソコンの初期化で直りますが、ハードウェアの問題が原因である場合、パソコンの初期化をしても改善されない、あるいは初期化の途中でフリーズするなどのトラブルも起きます。古いパソコンの場合は特にハードウェアの検査をしておいたほうがいいでしょう。

3.準備はできているか?
添付のリカバリーディスクやアプリーケーションディスク、オフィスのCDが揃っているかどうかを確認します。また初期化の方法・手順は取扱説明書に記載されているので、方法や手順を前もって把握しておきます。ディスクがない、説明書がないなどの場合は、次のの方法で対応します。




方法・手順

パソコンの初期化は、メーカー製PCならば基本的に取扱説明書を参考にします。パソコンの初期化は、リカバリー、Windows再セットアップ、Windows再インストールなどの項目に記載されています。

リカバリーディスクを使用した方法

  1. BIOS起動順位を変更(CD/DVDドライブを優先起動にする)
  2. リカバリーディスクをセット
  3. 手順に従いリカバリー作業
  4. インターネット接続設定
  5. 各種アップデート(Windows Update、AdobeのUpdate)
  6. オフィスのインストール
  7. ウイルス対策ソフトなどのインストール

HDDリカバリー領域からの方法(D to Dリカバリー)

  1. 電源投入後に特定のキーを押す(メーカーによりキーは異なります)
  2. 手順に従いリカバリー作業
  3. インターネット接続設定
  4. 各種アップデート(Windows Update、AdobeのUpdate)
  5. オフィスのインストール
  6. ウイルス対策ソフトのインストール

WindowsインストールCDを使用した再インストール(自作パソコンなど)

  1. BIOS起動順位を変更(CD/DVDドライブを優先起動にする)
  2. 手順に従いWindows再インストール
  3. インターネット接続設定
  4. Windowsのライセンス認証(再インストール時に行うこともできます)
  5. 各種アップデート(Windows Update、AdobeのUpdate)
  6. オフィスのインストール
  7. ウイルス対策ソフトのインストール

初期化後に行うこと

パソコンの初期化は、Windowsをリカバリー・再インストールすれば、それだけで終わりというわけではありません。パソコンの初期化後に行う作業が全体の8割を占め、この作業のほうが時間がかかることになります。

1.不要なプログラムの削除
初期化すると、Windowsがパソコン購入時に戻るわけですが、不要なプログラムは削除することをお勧めします。例えば体験版のウイルスソフト、プロバイダの加入案内、古いバージョンのアプリケーション(Adobe Reader、Real Playerなど)です。これらは何の役にも立たず、パソコンのパフォーマンスに悪影響を与えるだけです。

2.Windows Update
初期化後は、Windowsが古いバージョン(XP SP1、SP2、Vista SP未適用)に戻り、IEもIE6、IE7などに戻ることがあります。特にWindowsに関してはアップデートをしなければ不具合が数多く出てきますので、必ず行うようにします。ここでインターネット接続設定が必要となります。

3.ソフトウェアのアップデート
パソコンにインストールされているソフトは、初期化の際に古いバージョンに戻ります。これらソフトのなかでも特に重要なソフトは、Windows Updateと同様にアップデートを行う必要があります。

4.必要なアプリケーションをインストールする
代表的なソフトとして、Office(ワード・エクセルなど)、ウイルス対策ソフトなどです。Officeとウイルス対策ソフトは、通常はCDがありますのでそれを使用します。




オフィス

Word ExcelなどのOfficeは、XPやVistaのパソコンでは、リカバリーしたら添付のCDなどからインストールし直さなけれなりませんでしたが、Windows 7以降では、リカバリーするとOfficeもインストールされることがあります。その場合は、Officeのシリアルキーを入力するだけで使用することができます。

インストールされたかどうかは、スタートメニュー→Microsoft Officeという項目があるかどうかで分かります。

起動させるとプロダクトキーの入力画面になります。 リカバリー

プロダクトキーは添付のCDに記載されているので、これら OfficeのCDは大切に保管しておきます。

セレクタブルOSとは

Windows 7以降のパソコンでセレクタブルOSが増えてきています。

Windows 7の32bitの64bitのいずれかを選ぶことができるものをよく見ることができます。

購入時は32bit、64bitいずれかでインストールされていて、リカバリーするときに、32bitか64bitを選択できるという感じです。

こうしたセレクタブルOSを搭載しているパソコンではリカバリー時に32bitか64bitかいずれかを必ず選択できます。

どちらかいいか?といいますと、特別な理由がない限り 64bitを選択した方がいいといえます。

32bitと64bitでは、認識できるメモリーの容量に違いがあるからです。

例えば具体的な例でいいますと、4GB搭載されているセレクタブルOSのパソコンにおいて、リカバリー時に32bitを選択した場合、Windows上で認識するメモリーは3GB〜3.5GB、64bitでは 約4GBとなります。

32bitでは メモリーの認識に上限があるということです。4GBや4GB以上のメモリーであっても、3.5GBぐらいまでしか使われないということです。

64bitでは 4GB以上のメモリーもそのまま認識されるので、有効活用できるということになります。

DtoDリカバリー (メーカー別参考情報)

※機種・型番により方法は異なります。

  • Toshiba→0を押しながら電源投入
  • NEC→NECロゴ表示時にF11キー
  • SONY→VAIOロゴ表示時にF10キー
  • Acer→Acerロゴ表示時にAlt+F10キー

Windows バックアップからの復元

メーカー製PCにしろ自作PCにしろ、パソコンを初期化するという作業はそれなりに時間や労力を伴うものです。初期化前のデータのバックアップ、初期化作業、初期化後のWindows Update、アプリケーションの再インストール、インターネット・メール設定、プリンター設定など多くの作業を行わなくてはなりません。

こうした初期化作業を軽減してくれるものに、Windows バックアップ、HDDバックアップ、パーティション バックアップなどができるソフトがあげられます。

Windows バックアップというのは、一番使い勝手がいいときのWindowsをデータやアプリケーションごとバックアップを取っておくという手法で、仮に初期化しなければならない状況になっても、Windowsのバックアップを取っていればそこから復元作業を行うことができます。

このバックアップからの復元はパソコンにもよりますが、早いときでは5分〜10分でバックアップをとっておいたときのWindowsに戻すことができます。(初期化した場合は数時間の作業)

まとめるとWindows バックアップソフトのメリットは下記のような点です。

  • 初期化作業に比べて復元処理が早い
  • ドライバやソフトの再インストールが不要
  • データや設定はバックアップ時点のものが残っている
  • Windowsやソフトウェアのライセンス認証などがない
  • HDD交換の際にもバックアップから復元できる

こうした便利なバックアップソフトは、下記ページでも紹介しています。

Q&A

Q.パソコンを廃棄したいので、初期化を考えていますがデータは完全に消えますか?
A.初期化してもデータは完全に削除されたわけではなく、復元ソフトを使用するとある程度までデータの復元ができます。パソコンの初期化だけでは完全にデータを抹消・消去することはできません。→パソコン 廃棄・処分

Q.パソコンを初期化・リカバリーすると、動作速度は改善しますか?
A.使用しているパソコンにもよりますが、多少の改善は見られます。プログラムやデータが少なくなり一番最初の状態に戻るためです。

関連情報


メニュー