パソコン・IT関連の資格

パソコンやITには、様々な資格があります。

一般的にパソコンや資格は、就職や転職で有用といわれます。それ以外にも、ITスキルを身に付けたり、学び直しの機会として捉えることもあります。

このページでは、パソコンやITの資格にどのようなものがあるか、代表的な資格などについて紹介しています。

6つの領域

パソコン・コンピューター

パソコンのハードウェアに関するところです。

パソコンやコンピューターの仕組みであったり、周辺機器やLAN、サーバーなど、比較的 身近な部分、目に見えたところの知識です。

このカテゴリーを学ぶと、自分でパソコンや周辺機器、LANを管理したりできるようになります。ハードウェアの管理能力を身に付けることができるといえるでしょう。

こうしたハードウェアに関する資格は、いくつかあります。代表的なところでは、ITパスポート、パソコン整備士、P検などです。

ただITパスポートやP検などは、全体の中の一部がパソコンのハードウェアに関するところなので、純粋にこのカテゴリの資格となるとパソコン整備士が該当します。

アプリケーション

アプリケーションを操作する能力・スキルを学ぶところです。

パソコンにインストールされているソフトで 何かを作ったり編集したりできるようになります。アプリケーションの操作能力を身に付けることできるということができます。

例えば、Microsoft Office、CAD、VectorWorks、3DCG、Photoshop、Illustratorがあります。

Microsoft Officeは特によく使われるソフトです。ビジネスでもパーソナルユースでも活用できるため、汎用性が高いといえます。

Photoshop、Illustratorは、ポスターやチラシの作成であるDTPやWebデザインで活用できるスキルです。デザインに通じるCAD、3DCG、Photoshop、Illustratorを使う人は、クリエイターとも呼ばれます。

自分の持つイメージを、アプリケーションを通して形あるものにしていくというカテゴリーです。

代表的な資格には MOS、CAD利用技術者試験、Photoshopクリエイター能力認定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験など。

Web

ホームページを作成したり、実際に運用していく知識やスキルです。

ホームページを作成するHTML言語をはじめ、デザイン、色彩、Web解析、Webマーケティング、ライティングなども関連しています。Webの展開能力を身に付けることができるといえるでしょう。

このカテゴリーは、わりと枠にはまらない、幅が広いというイメージがあります。

自分でホームページを作成したり、ビジネスに活用したりと様々です。アプリケーションのPhotoshop、色彩やマーケティングの基本的な考え方が関わることもあります。Webデザイナー、Webクリエイターともいわれます。

代表的なところでは、Webクリエイター能力認定試験、ウェブデザイン技能検定、JWSDA Webデザイン検定、ウェブ解析士、ネットショップ実務士、色彩検定など。

プログラミング

システム、仕組みの部分に関係しています。

IT機器やソフトウェアを支えているコンピューター言語やプログラミング言語を学びます。VBA、SQL言語、C言語、COBOL、Java、Perl、PHP、JavaScriptなど多様なプログラミング言語があります。

システムの開発能力を身に付けることができます。

データベース・システム構築、ソフトウェア・アプリ制作、Webシステム構築、ロボット制作など様々です。

PHPやJavaScriptは、Webと関係が深いので Webプログラミングともいわれます。

プログラミング言語を使うことができる人を、プログラマー、システムエンジニアといいます。Webと同じく 会社設立や起業する人が比較的多く、IT系のベンチャービジネスというのは ほぼこのカテゴリーから出てきます。

代表的な資格には、入門となるITパスポート試験、VBA、基本・応用情報処理技術者試験、PHPライセンス、データベーススペシャリスト試験、ORACLE MASTERなど。

ネットワーク

企業向けLANやWAN、サーバーに関係しています。Cisco社ルーター、Linuxなどがあげられます。

コンピューター・ネットワーク理論、ネットワークやサーバーの設計・保守・構築などを学びます。

ネットワークの構築能力を身に付けることができます。ネットワークエンジニアと呼ばれます。難易度は高く専門的なカテゴリーです。

代表的な資格には 入門となるITパスポート試験、ドットコムマスター、Cisco技術者認定試験(CCNA、CCNP)、Linux技術者認定試験(LPIC)、ネットワークスペシャリスト試験など。

セキュリティ

近年 情報セキュリティへの関心は高まりつつあります。

企業にとって最も警戒すべき事案のひとつが、セキュリティ事故、インシデントになります。情報セキュリティを含めた統治、ガバナンスが進んでいます。

情報セキュリティ、ISMS、プライバシーマーク、個人情報保護法、マイナンバー制度、不正アクセス禁止法、ネットワーク・データベースのセキュリティなどが関係しています。

セキュリティ技術、情報モラル、情報リテラシー、法律の知識を学んでいきます。

代表的な資格には 2016年に新設された情報セキュリティマネジメント試験、個人情報保護士、個人情報保護実務検定、マイナンバー実務検定、情報セキュリティスペシャリストなど。

知名度の高い4つの資格

やや難しい領域の話も出てきましたが、パソコンやITといっても方向性はある程度分かれるということです。

パソコンの資格を今まで全く取得したことがない、これから勉強していきたい、意欲はあるが 何を目標として学んでいけばいいのか分からないという場合は 以下の4つの資格のいずれかが取り組みやすいといえます。

MOS マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト

パソコンで最も使用頻度の高いソフトは何か?といいますとMicrosoftのOfficeになります。Word、Excel、PowerPoint、Accessなどです。

パーソナルユースでも使われますが、会社・事業所などビジネスシーンでは確実に使われるソフトです。

このOffice製品を使えるかどうか?スキルを証明する資格が マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト 略してMOS モスになります。

独学でも十分に取得ができる資格で 難易度もそれほど高くはありません。

ITパスポート試験

IT関連では最も有名な国家試験・国家資格のひとつです。経済産業省所管の情報処理推進機構 IPAが実施・認定する資格になります。

情報処理技術者試験の一番基礎的な区分になります。

パソコン・サーバー・ネットワーク・Excel関数・システム・ソフトウェア・企業活動・経営・法律など IT全般の広範囲な知識を証明する資格です。国家資格でインパクトもやや強い資格です。

日商PC検定

日商というのは、日本商工会議所の略になります。その日商の公式認定資格が、日商PC検定です。

日商PC検定は 主にビジネスシーンにおける 文書作成・データ活用・プレゼンテーションなどのスキルを証明する資格です。

文書作成は Word、データ活用は Excel、プレゼンテーションは PowerPointを使います。MicrosoftのWord・Excel・PowerPointの使い方、ビジネス文書の作成方法、IT関連の知識などを学びます。

サーティファイ認定試験

サーティファイは、株式会社サーティファイが管理・運営する資格です。現在 7分野23種類の認定試験が用意されています。

有名な認定試験には、

  • Webクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験

などがあります。他にWord・Excel・PowerPointのスキルを証明する試験もあります。実務性・専門性があり、特にWeb系やクリエイター系の認定試験・資格が多いです。

これら資格の中でも、知名度・人気度・実用度など総合的に見て MOSとITパスポートの2つの資格は抜きん出ているといえるでしょう。

MOSは 国際資格でOffice操作全般の習得、ITパスポートは 国家資格でIT全般の知識の習得になります。

その他 知られている資格

パソコン整備士

パソコン整備士協会が実施・運営。

パソコン・ネットワーク・サーバーなど 名前の通りハードウェアに主軸をおいた資格。

  • 1級・・企業・事業所レベル、サーバー
  • 2級・・家庭・SOHOレベル、複数台
  • 3級・・個人レベル、PC1台

ハードウェアの他、インターネット、セキュリティ、ソフトウェア、ネットワーク、情報倫理、トラブルシューティングなど。

ハードウェアのトラブル対応などが求められる IT系のSOHO・法人などにそこそこ人気があります。

ドットコムマスター

NTTコミュニケーションズ OCNが運営。「.com Master」とも書きます。

ハードウェアよりもインターネット・ネットワークに主軸をおいている資格。

  • ドットコムマスター ダブルスター
  • ドットコムマスター アドバンス シングルスター
  • ドットコムマスター ベーシック

ベーシックが入門、アドバンス シングルスターが中級、ダブルスターが上級。

主催がOCNのため知名度が高く IT系・プロバイダ系の事業所・法人にそこそこ人気があります。

基本・応用情報技術者試験・情報セキュリティマネジメント試験

ITパスポート試験のワンランク上の資格です。ITパスポートと同様 国家試験・国家資格になります。

コンピュータシステムの開発・運用、ネットワーク、データベース、セキュリティなど。

基本・応用情報技術者試験は、プログラマー、システムエンジニア(SE)を目指す場合に目標とする資格です。

情報セキュリティマネジメント試験は、セキュリティ関連に主軸をおいた資格です。

Cisco 技術者認定試験

企業などで使われる Cisco社 (シスコ社)のルーターやスイッチを扱えるかどうか、スキルを証明する資格です。

CCENT、CCNAという資格で呼ばれます。CCENTが入門・基礎、CCNAが応用。さらに上位には CCNP、CCIE。

Cisco ルーター・スイッチの保守・運用、ネットワーク理論、ネットワーク構築など。

ネットワークエンジニアを目指す場合に目標とする資格です。

Linux 技術者認定試験

LPIC エルピックともいいます。

Level 1~3まであり、Level 1が入門。基礎。勉強してみたいという人は、Level 1だけ資格取得するという方法もあります。

サーバー用OSとして広く使われているLinuxの知識やスキルを証明する資格です。

Linux全般、コマンド操作、管理・保守など。エンジニアを目指す方向けの資格です。

VBA ベーシック・スタンダード

VBAは MicrosoftのExcelやAccessで使うプログラミング言語です。

VBAは ビジネスシーンにおいて 作業の自動化、データの一括処理、システム開発などで活用されています。

ExcelやAccessで VBAを使えるかどうか、運用できるかどうかのスキルを証明する資格です。

ベーシック(初級)スタンダード(上級)があり、Excel VBAベーシック、スタンダード、Access VBAベーシック、スタンダードの4つに分類されます。

シグナリング

経済学の用語には、シグナリングという言葉があります。

情報の非対称性、つまり情報に差異がある状態において、情報を伝達することをシグナリングといいます。

具体的にいえば、就職・転職活動の際に、採用する側と応募する側ではそれぞれもっている情報に差異があります。採用側は応募者がどのような能力をもっているか分かりませんから、この状態は情報に差異があることになります。

ここで応募する側の履歴書の資格欄に、資格が記載されていれば、情報を伝達することができ、採用側は応募者がどのような能力を持っているのか知ることができます。

一般的に就職や転職で資格が有用であるといわれるのは、資格がシグナリングとして用いられるためです。

この点に着目して資格を選ぶなら、知名度の高い資格、企業の求める専門性の高い資格などがあげられます。

学際的

資格の取得や勉強を開始する際は、自分の行っている仕事や将来取り組もうと考えていることと関連付けて学んでいくという方法があります。

情報分野は、学際的であるといわれます。学際的というのは、他の学問や領域と相互に関連していることという意味です。

例えば、Excelには統計を行う関数があります。その関数を使ったり、得られたデータが有意かそうでないかという判断を行うためには、統計の知識が必要となります。

WindowsなどのGUIは、心理学的な知見のもとに開発されていたり、Webはデザインや色彩の知見が用いられることもあります。

あるいは逆に、教育の手法のひとつとして e-ラーニングやデジタル機器を活用したり、マーケティングの一貫としてWebを構築したりということもあります。

このように、情報分野のスキルというのは、他の領域を補完することもあれば、必要に応じてその領域の知見を要することがあったり、他の領域で物事を実現する方法として情報分野、ICTを使うということがあります。

この点に着目するなら、職業と関連性の高い資格、実用性の高い資格などがあげられます。

リカレント教育

リカレント教育とは、学び直し、より正確にいえば、働きながら学ぶ、生涯にわたる学び、循環型学習という意味です。この概念は、経済協力開発機構 OECDでも採用されています。

パソコンやインターネットが普及したのがここ数十年ということもあり、ITの分野は、新たな学びや学び直し、リカレント教育の対象のひとつともいえます。

日本は、リカレント教育に関しては遅れていると指摘されています。

大学などを例に取ると、大学在籍者の95%以上が20才前後の年齢層で構成されており、社会人は約3%ほどです。これに対して、欧米などの諸外国では、社会人の占める割合は20%を超えます。

この一例からも分かるように、日本の社会構造、雇用・労働形態の影響もありますが、生涯にわたる学習、循環型の学習、仕事に学びを取り入れて拡張させるという概念はそれほど普及していないといえます。

グローバルな視点でいえば、リカレント教育は価値があるものと捉えられており、社会人になってからの新たな学びや学び直しは、一般的な考え方であるということになります。

(リカレント教育:スウェーデン 経済学者ゴスタ・レーンの提唱)

生涯学習

ここからは、具体的にどのようなところで資格やITの勉強ができるかを紹介しています。

生涯学習のひとつとして、ITやパソコンの講習などが開かれてることも多くなっています。

開催される場所としては、自治体の施設、NHKや新聞社(例:NHK文化センター、よみうり文化センター)などがあります。

どちらかというと年配者むけの講座が多く、パソコン関連の資格取得などの講座はほとんどないのですが、趣味に関連したデジタルカメラ、一眼レフ、スマートフォンやタブレットの初心者向けの講座はしばしば行われています。

パソコン教室

パソコン教室は、その地域に根ざしたパソコン教室や、全国的に展開し複数の教室を設けているパソコン教室など様々です。

パソコン教室によって、講座のメニューや学習方法、料金体系などかなり違いがあるため、比較するのは難しいといえます。

パソコン教室に通うメリットとしては、どうしても行き詰まったときや分からないときに直接聞くことができる、教えてもらうことができるということでしょう。

決められた時間やカリキュラムに沿って学んでいくので、独学がなかなかできない、家では集中できない、仕事帰りに寄りたい、または自分のパソコンにOfficeがインストールされていないという人にも向いています。

一般的に一番多いのは、やはりMicroSoftのOffice系のパソコン教室です。MOS資格や日商PC検定を目指してそれに沿った形でカリキュラムが組まれていたりします。

大学

大学によっては、在学生・地域住民の人むけにIT系の講座を行っていることがあります。拡張型の講座という意味で、エクステンションセンターともいいます。

在学生の就職・資格取得支援を目的に、MOS、ITパスポート、簿記、TOEIC、FPなどの講座が開かれています。主に在校生むけですが、一般の人も受講できることがあります。

主催が大学なので、価格が低めで 設備も整っていることが多いといえます。講師は外部の専門学校などから招かれて来ることもあります。