Vista,7で使用できるオプションメニュー

システム回復オプションは Windows Vista,7で使用できるオプションメニューで、スタートアップの問題の修復、システムの復元、システムイメージからの復元、Widnows メモリ診断、コマンドプロンプトなどを実行できます。

Windowsが起動しない場合に、応急的な対応が可能で復旧作業を行うこともできます。

方法

システム回復オプションは、以下の方法で表示させることができます。

詳細ブートオプション
詳細ブートオプションからコンピュータの修復を選択して進みます。パソコンによっては「コンピュータの修復」の項目がない場合もあります。

詳細ブートオプション

Windows インストールDVD
Windows インストールDVDから起動して、コンピュータの修復を選択して進みます。メーカー製パソコンの場合は、リカバリーCDなどで同様の作業が行えることもあります。

インストールDVD


解説

システム回復オプションの画面は、
OSがVistaか7か、またWindowsインストールDVDかメーカー製のリカバリーCD/DVDかで若干項目は異なりますが、ほとんど共通です。

システム回復オプション

スタートアップの修復
システムファイルの欠落や損傷などを可能な修復します。必ず修復されるわけではありませんが、Windowsが正常に起動することもあります。

スタートアップの修復

システムの復元
システムの変更を元に戻すことができます。OS上から行うシステムの復元と同じで、基本的にデータに影響を及ぼすことはありません。

システムの復元

システムイメージの回復
システムイメージを使用してハード ディスクの内容を復元します。システムイメージを作成している必要があります。Vistaの場合は、一部エディションでWindows Complete PC 復元が使用できます。→システムイメージの回復

システムイメージの回復

Windows メモリ診断
メモリにエラーがないか調べます。パソコンが起動しない等トラブルの原因がメモリかどうかを調べることができます。→Windows メモリ診断

Windows メモリ診断

コマンド プロンプト
Windows XPで提供されていた回復コンソールの後継機能になります。Vista,7もコマンド プロンプト作業ができるようになっています。

コマンド プロンプト