簡単な操作でメモリ診断を行う

マイクロソフトの提供するツールに、Windows メモリ診断というのがあります。英語名:Windows Memory Diagnostics Tool。

Windows Vista,7には、Windows メモリ診断という機能が付いていてOS上もしくはシステム回復オプションから操作することができます。

Windows メモリ診断は、起動ディスクを作成して行うこともできます。Windows XPでのメモリテストやVista,7でOSが起動しない、システム回復オプションが利用できないという場合に使用できます。


Vista,7(OS上で操作)

Windows メモリ診断を使用するとパソコンパーツの一つであるメモリに異常がないかどうか調べることができます。

スタートメニュー→検索ボックスにメモリと入力。

メモリと入力

Windows メモリ診断を選択します。

Windows メモリ診断

すぐに再起動してテストするか、次回起動時に行われるようにするか選択できます。

選択

再起動および起動時に Windows メモリ診断が自動で行われます。10分~20分ほどです。メモリ診断を中止する場合は、ESCキーかCtrl+Alt+Delete。

テスト中

F1キーでオプション設定。設定項目は3項目で、テストミックス、キャッシュ、パス(テスト回数)です。Tabキーで移動、あとはキーボードで操作します。デフォルトでは、標準、既定、2が選択されています。特に扱う必要はありませんが、厳密に調べたい場合は、オプション設定で拡張、既定、10以上(パス回数)などにするといいでしょう。

オプション設定

メモリ診断が終わるとパソコンが起動してきます。右下に診断結果が表示されます。(表示されるまで数分かかります。)

結果

起動ディスク作成

Windows メモリ診断の起動ディスクとなるイメージファイルは、マイクロソフトから提供されています。

起動ディスクを使用すると、XPでのパソコンやOSが起動しない場合でもメモリ診断が可能となります。ただし、検査できるメモリが4GBまでなので4GBを超えるメモリが搭載しているパソコンでは完全な検査ができるわけではありません。詳細はマイクロソフトのページでも解説されています。

追記:現在起動ディスクのイメージファイルは公開が行われていないようです。

ダウンロードしたファイル。

ファイル

ダウンロードしたファイル実行。Acceptをクリック。

Accept

Save CD Imageをクリック。

Save CD Image

適当な場所に保存します。

保存

拡張子 ISOのファイルを起動ディスクとして使用できるように書き込みます。→ISOファイルの書き込み・ライティング

ISOファイルの書き込み

パソコンを作成した起動ディスクから起動します。Windows メモリ診断(Windows Memory Diagnostics Tool)が始まります。

起動

Pass Progressは、全体の進捗状況。Test progressは現在のテスト項目の進捗状況。Range progressは、行われているひとつひとつの検査の進捗状況です。

進捗

検査項目は6種類でSucceededは検査合格。Activeは検査中。

検査項目

画面右上 Passは何周目(何回目)の検査か、Testは6項目のテスト項目のうち何個目の項目をテストしているかをしまします。Passが2になると全体の検査が2周目に入ったことを示します。

検査項目

一時停止はキーボードのPキー、再開はCキー、診断を中止してパソコンを再起動する場合は、Xキー。拡張テストを行う場合は、Tキー。ユーザー側でXキーを押さない限りテストはエンドレスに行われます。

キーボード操作

デフォルトでは標準テスト(Standard Test 6項目)が行われます。Tキーを押すと拡張テスト(Extended Test 11項目)が行われます。より正確にメモリのテストを行いたい場合は、拡張テストで何回も行うことをマイクロソフトも推奨しています。拡張テスト、標準テストへの切り替えは簡単にできますが、その都度テストは最初からやり直しになります。

拡張テスト

拡張テストは、テスト項目が11に増えますので、標準テストより時間がかかりますが、より正確なテストが行えます。

11項目