HDDの取り出し方法

ハードディスクの交換SSDへの交換パソコン廃棄・処分データ救出などの際に、パソコンからハードディスクを取り外すことが必要になることもあります。

またその他部品の交換や増設でも、パソコンの分解を行うこともあります。

ハードディスクの取り外し方法・パソコンの分解方法は、パソコンメーカーや機種によって様々です。比較的簡単に取り出せることが多いのですが、パソコンによっては分解が必要で難易度が高いものもあります。

ここでは主にノートパソコンを中心に、ハードディスクの取り出しやパソコン分解を解説しているサイトを紹介しています。

分解等のヒントを得ることはできますが、ハードディスク取り出しに伴う分解作業は、メーカーの保証が効かなくなることもあるので、実際の作業は自己責任でするようにしましょう。

ハードディスクは精密にできた機器です。取り出したりおいたりするときはゆっくり慎重に扱うのが基本です。

取り出し・分解サイト

他にの多くのサイトがありますが、ここでは一例を紹介します。

HDD取り外しは意外と簡単!?

パソコンパーツの中でも、プログラムやデータが入っているのはハードディスクになります。

ハードディスクを取り外したパソコンというのは、単に部品の集まったものであって OSはもちろん起動しませんし、どこにもデータは存在しません。

ハードディスクの取り出しというのは、意外と簡単にできます。

もちろん機種によっては、パソコンを相当分解しないとハードディスクを取り出せないこともありますが、一般的には取り外しやすいところにあります。

パソコンの故障の中では ハードディスクが一番多いので、メーカーとしても取り外しやすいところにあったほうが修理しやすのです。

これはパソコン全般にいえます。

デスクトップパソコンの例。サイドパネルを開けます。

デスクトップパソコンDELLのデスクトップパソコン。サイドパネルを開けます。

3.5インチ HDDデスクトップ用 3.5インチハードディスク。


ノートパソコンでは、底面のネジをいくつか外せばすぐにハードディスクにアクセスできるということもあります。

ハードディスク取り外しというのは、意外と簡単にできたりするものです。

ノートパソコンノートパソコン底面のカバーをドライバーで開けると、ハードディスク(下)とメモリ(上)が着脱できるようになっています。


ハードディスク取り外したハードディスク。マウンタと呼ばれる金具で固定されています。


自作パソコンBTOパソコンは HDDを取り外ししやすい構造になっています。

サイドパネルを開けると 3.5インチベイ(HDDがある場所)が見えるので 両サイドのネジを外してハードディスクを取り外すことができます。

3.5インチベイ3.5インチベイに収まるハードディスク。



国外メーカーはマニュアルに記載も

特に米国のDELLとHP(ヒューレットパッカード)やLenovoは、自分のパソコンは自分で管理するという風潮が強いせいか、ハードディスクの取り出しをマニュアルに記載していることが多いです。

ハードディスクは交換できて当たり前というところがあります。

そのため、マニュアルにハードディスクの取り出し方法が記載されていることが多いのに加えて、ハードディスクの取り出しが比較的簡単にできるようなパソコンの構造になっています。

他にも ASUS、Acer、Lenovoなどの国外メーカーも似たようなところがあります。

最近では、日本国内のメーカーもハードディスクが交換しやすいような構造になりつつあります。

メーカー製パソコンでもハードディスクは別メーカー

パソコンメーカーというのはたくさんあります。

SONY、NEC、Fujitsu、TOSHIBA、DELL、HP、Lenovoなど。他にもまだたくさんあります。

これらのメーカーというのは、パソコンの部品を組み立て独自のデザインや機能を付加して販売しているパソコンメーカーです。

内蔵している部品の多くは、パソコンメーカーが作っているわけではなく、ほとんどが他の部品メーカーが作っていることになります。

ハードディスクを作っているメーカーは、代表的なところでは下記のようなメーカーがあります。

  • Seagate シーゲイト
  • Western Digital (WD) ウエスタンデジタル
  • Hitachi (HGST) ヒタチ・グローバル・ストレージテクノロジー
  • Toshiba トウシバ

どのパソコンメーカーもほとんどが上記のメーカーのハードディスクを使用しています。