Vista・7のブートオプションメニュー

詳細ブートオプションは、XPのWindows拡張オプションメニューと呼ばれていたものにあたります。Vista・7以降は、詳細ブートオプションと名称が変わりました。

Windowsが正常に起動しないなどの時に、トラブルの原因究明や起動の確認などに使用する起動オプションです。Windowsが正常に起動しない場合は、詳細ブートオプションで、セーフモードや前回正常起動時の構成を試みることができます。

また、パソコンの強制終了の後やインストールのトラブル、ハードウェアの不良などで起動時に詳細ブートオプションが表示されることもあります。

詳細ブートオプションでは、新たに「コンピュータの修復」が追加され、ここからWindowsの復旧作業を試みることもできます。

Windows 8.1・10では、詳細オプションといい、選択できるオプションが少し変更になっています。

Vista、7

パソコンが正常に起動しない時に、詳細ブートオプションが表示されます。

最初は、Windowsを通常起動するを選択しますが、それでも起動しない場合は、他のオプションを選びます。

意図的に、詳細ブートオプションを表示させる方法としては、パソコンの電源を入れメーカーロゴが消えたぐらいで、キーボードのF8キーを押します。

F8キーを押すタイミングが早すぎるとパソコンによっては、起動デバイスの選択画面になりますので、この場合はパソコンを再起動してやり直します。

F8キーが遅すぎると、Windowsロゴ画面が出てWindows拡張オプションメニューを出すことができません。この場合もパソコンを再起動してやり直します。

  1. パソコンの起動時、画面にメーカーのロゴが表示される
  2. F8キーを押す

詳細ブートオプションの画面が表示されます。キーボードのカーソルで選択してEnterキーを押します。キャンセルしてパソコンを再起動する場合は、ESCキー。

詳細ブートオプション

8.1、10

Windows 8.1や10では、Windowsが起動しないときに 詳細オプションに入ることができます。

詳細オプション

トラブルシューティング。

トラブルシューティング

詳細オプション。

詳細オプション

スタートアップ設定。

スタートアップ設定

一度 再起動させる必要があります。

再起動

オプションが表示されます。例えば、セーフモードでの起動なら キーボードの4や5を押します。

オプション

Windows Vista・7、Windows 8.1と10で、主に使われるのは以下のものがあります。

コンピュータの修復

スタートアップの問題の修復、システムの復元、システムイメージからの復元、Widnows メモリ診断などが可能なシステム回復オプションへ進みます。このオプションは、パソコンのハードディスクにプレインストールされている場合に表示されます。パソコンによっては表示されない場合もあります。

セーフモード

最低限のドライバ(マウス、キーボード、モニターなど)を使用してWindows Vista,7を起動します。ネットワーク接続(LAN接続)はできません。

セーフモードとネットワーク

セーフモードに加え、ネットワーク接続(LAN接続)が可能となります。インターネットやメールなどが使用できます。

前回正常起動時の構成(詳細)

前回正常起動した構成で、Windowsを起動します。システムとドライバの設定が、正常に起動できたときの状態に戻ります。ドライバの更新やレジストリ設定によって起動しない場合は有効な方法です。