Vista SP1

Windows VistaにもXPと同様、更新プログラムをまとめたサービスパック(SP1)というものが用意されています。

セキュリティやパフォーマンスの向上・不具合修正・機能追加などをまとめた重要な更新プログラムなのでインストールしておいたほうがいいでしょう。

SP1のインストールは30分〜1時間はかかりますので、念頭にいれておきインストール中はできるだけパソコンの操作は行わないようにします。




方法

Windows Updateで自動で受信する方法と、マイクロソフトのダウンロードセンターへ行き手動でダウンロードする方法とがあります。

SP1が公開される前のパソコンなら、更新プログラムの確認を行っていると必ずSP1がダウンロードされてきます。更新プログラムのインストールをクリックします。

ウィザード画面が出るため、SP1と分かります。次へで進みます。
ウィザード

チェックを入れて次へ。

インストールをクリック。
インストール

インストールが始まります。

インストールが終わったら今すぐ再起動するをクリックして、パソコンを再起動させます。
再起動

再起動が始まるとき、またパソコンが起動してきたときも、SP1のインストールは行われているのでしばらく待つようにします。

インストールが終わると自動的にWindowsが起動してきます。マイコンピュータ→右クリックプロパティのシステム情報にService Pack 1の記載があればインストールは成功です。
システム情報





メニュー