WindowsとOfficeのアップデート

Microsoft Updateとは、2005年にマイクロソフト社が提供を開始したサービスで、従来のWindows Updateによる更新に加えて、オフィス製品などのアップデートも一括してできるようになっています。

対応するOSは、Windows XP、Vista、7などで、Office製品ではOffice XP以降。

パソコンを使用している過程で いつのまにかMicrosoft Updateになっていたというのが多く、Microsoft Updateになっていない場合は XPの場合 Windows Updateのサイトでメッセージが出るようになっています。

方法

ツール→Windows Update

ツール

赤丸のMicrosoft Updateへアップグレードしてくださいをクリック。時期により表示されている場所が異なりますが、Microsoft Updateへというところをクリックすれば大丈夫です。

Microsoft Updateへ

今すぐ開始をクリック

開始

続行をクリック

続行

ActiveXコントロールをインストールしますという画面になったら、指示に従い赤で囲んだ部分を右クリック→ActiveXのインストールを選択します。

ActiveXのインストールを選択

インストールするをクリック

ActiveXのインストール

更新プログラムの確認をクリック

確認をクリック

しばらくすると画面が変わりますので、高速を選択します

高速を選択

更新プログラムのインストールをクリック

インストール

インストール終了後、今すぐ再起動をクリック。今までどおり自動更新のメッセージで通知されます。この作業でWindows Updateとオフィス製品などのアップデートが次回から一緒になります。

再起動