BIOSとは?

BIOSは バイオスと読みます。Basic Input Output Systemの略。

BIOSはデスクトップPCとノートPC問わず必ず搭載されています。

マザーボード上のROMに搭載されているプログラムで、パソコンがハードディスクにアクセスして、OSに主導権を渡す前(起動する前)の段階で、パソコンにつながっているキーボード、マウス、CPU、ハードディスクなどの管理や制御を行っています。

マザーボード上のROM。BIOSプログラムが内蔵されています。

マザーボード上のROM

BIOSに入る

パソコンの電源を入れキーボードの特定のキーを入力することでBIOSの設定画面に入ることができます。

Panasonic レッツノートの電源投入時の画面です。

この時にキーボードのF2(キーボード上部)を押すとBIOS画面に入ります。パソコンによって表示されるメッセージは異なりますが Press ○ for setupという表示が一番多いようです。

レッツノートの電源投入時

バイオス画面に入りました。画面の下や横に操作方法が簡単に載っています。すべての操作をキーボードで行います。

BIOS画面


メーカーによる差異

BIOSはパソコンメーカーによって表示に多少の違いがあります。

日本語と英語どちらで表示されているか?扱える項目、設定できる項目はどこか?など。

BIOSはもともと AMIやAwardとよばれる会社が開発・提供しているのですが、それを例えば日本のパソコンにそのまま搭載することもあれば、カスタマイズして搭載することもあります。

ほとんどはパソコンメーカーによってカスタマイズされており、各メーカーによって見ためや設定できる項目には違いが出てきます。

操作・設定

最近のパソコンでは、従来のキーボードだけの操作ではなく、マウスでも操作できるものが増えてきています。

BIOSは、パソコンの出荷時に適切な設定になっているため設定の変更などは基本的にすることはありませんが、ハードディスクやメモリーがきちんと認識されているかどうかの確認やリカバリー時におけるHDD、CDドライブ、フロッピーディスクの起動順位の変更などの操作はよく行います。

パソコンのリカバリー、メモリーの増設、ハードディスクの交換などを自分で行うパソコン中級者以上の方は、BIOSの入り方やどういう設定項目があるかなど知っておきたいところです。

自作パソコンではBIOS画面に入り設定する機会は多いといえます。

BIOSアップデート

BIOSには アップデートがしばしばあります。

ROMのプログラムを書き換える作業です。不具合の修正、機能の追加、CPUやメモリーとの互換性の向上など様々です。

メーカー製パソコンでも自作パソコンでも BIOSアップデートはあるのですが、実行の際は慎重に行うことが昔からよく言われています。

Windowsの何かのソフトのアップデートなどソフトウェア上の問題であればなんとかなるのですが、BIOSはアップデートに失敗するとパソコンそのものが起動しなくなることもあるからです。

ただアップデートの際は 例えばメーカー製のノートパソコンではバッテリが装着されていないと実行できないなど メーカー側でも失敗が起きないように配慮されているようです。

現在は Windows上でアップデート作業を行うことが一般的になりつつあります。