仮想メモリとは

仮想メモリとは、ハードディスクの一部の領域をメモリーとして利用することを指します。別名:バーチャルメモリ。

基本的にパソコン購入時などはデフォルト(初期設定)で仮想メモリは適切な値で設定されています。

直接設定を変更したりということはほとんどありません。メモリーの増設の後は、仮想メモリーの設定を変更することがあります。

使用しているメモリーの空きが不足した場合、この仮想メモリに一時的にデータを待避させパソコンのメモリ不足やフリーズしたりするのを防ぐのですが、この仮想メモリは、通常のメモリーと比べて速度が遅いため、仮想メモリが頻繁に利用されるというパソコンは動作が遅い傾向にあります。

なのでこの仮想メモリというのは、主に物理メモリーが少ない時代である XPやVistaのときによく言われていました。

Windows 7以降では OSの64bit化が進み、物理メモリを多く搭載されているパソコンが増えています。

こうしたパソコンでは 仮想メモリをOFFにしても何も支障はなくなっています。

パソコンが遅いという場合は、仮想メモリを増やすよりも、実際の物理メモリを増やすことのほうが大事です。




関連情報

メニュー