インターネット接続・ネットワーク構築で使われるルーター

ルーターとは、自宅や会社のパソコンとネットワークを接続する機器です。

インターネット上のプロバイダや事業者も、専用のルーターをつかっていますので、インターネット自体がルーターによって相互接続されています。

ネットワーク(会社や家庭内の複数のパソコン)とネットワーク(インターネット)を接続する機器ともいえます。

ルーター

以前は、インターネット接続においてルーターというのはそれほど使われているわけではありませんでしたが、今日では ほとんどのインターネット回線でルーター接続が標準となっています。

様々なルーター

パソコンと有線でのみつなぐことができるものを、有線ルーター。有線ルーターに無線機能が付いたものを無線ルーター。光ファイバーやADSLなどの回線で利用するものをブロードバンドルーター。プロバイダが貸出すモデムにルーター機能がついているものを、ルーター内蔵モデムなどとよびます。

ルーターはモデムと同じように利用者に貸し出されるようになっています。

NTT ルーターNTT 光ファイバー終端機器ONU兼ルーター。


複数のLANポート複数のLANポートがあり、パソコンやネットワーク機器をつなぐことができます。


無線LANルーター無線ルーター。有線・無線両方で使用できるルーター。

ルーターにつなぐ際は 無線ルーターのルーター機能をOFFにして使用するのが一般的です。


モバイルルーターモバイルルーター。WimaxやLTEなどの無線インターネットで使われます。

複数の端末を接続することできます。


VPNルーターVPNルーター。

事業所などで支店同士のLANを繋いだりするときに使われます。


自分の使用している機器が、単なるモデムなのか、それともルーター機能が付いているかは把握しておいたほうがいいでしょう。

ルーターは、通常 LANの差込み口が4つであることが多いのですが、もう少し接続するPCを増やしたい場合などはハブをどこかの差込み口に追加します。

インターネット接続

モデムやONUというのは、ADSL信号や光信号をデジタルに変換する役割があります。

例えば NTT回線の場合、モデムやONUの次にこのルーターが接続されています。

実際のインターネットへの接続設定は、ルーターに行います。

ルーターにログインして、プロバイダのIDやパスワードを入力します。

IPアドレス

複数台のパソコンを接続することができるのは、ルーターがIPアドレスを持っているからです。

外側のインターネットに対してのグローバルIPアドレスを1つ、そして内側のネットワークに対してのプライベートIPアドレスをひとつです。

このグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを変換することで、ネットワーク内の複数のパソコンを同時にインターネット接続することを可能にしています。

ルーター接続の環境であるならば、ipconfigというコマンドを入力すれば ルーターのネットワーク内でのIPアドレスが分かります。

デフォルトゲートウェイともいいます。入り口という意味です。

ネットワーク内において ルーターは常に起点となるIPアドレスを持っていて、ネットワーク内のパソコンやネットワーク機器に自動的にIPアドレスを振り分けるということをしています。

この機能を、DHCPサーバ機能といいます。

このルーターのIPアドレスを ブラウザのURLにそのまま入力して 管理画面に入ることができるようになっています。


セキュリティ

またパソコンが複数台ではなく1台でもルーターは利用することができます。

ルーターは、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを相互に変換してインターネットへの接続をおこないます。

またパケットフィルタリングの機能もあるため、基本的に通信に必要なパケットの送受信のみを行います。

不正アクセスを防ぐ重要な役割もあります。

自宅で使うパソコンが1台であったとしても使用するのは望ましいといえるでしょう。

BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル BBR-4HG

BUFFALO ギガビット対応 有線ルーター

関連情報