ルーターとは

ルーターとは、ネットワークとネットワークを中継する機器です。

もっと分かりやすくいうと、ネットワーク(インターネット)とネットワーク(会社や家庭内の複数のパソコン)を接続する機器です。

ルーターにはDHCPサーバ機能というものがあり、複数のパソコンにプライベートIPアドレスを割り当てることで、これらのPCを同時にインターネットにつなげたり、ファイルの共有やプリンターの共有なども可能とします。

ネットワーク内で複数のパソコンやネットワーク機器をつなぐ機能があるため、会社・事業所・家庭などで幅広く使用されています。

またパソコンが複数台ではなく1台でもルーターは利用することができます。

ルーターは、IPアドレスとも深く関係しています。グローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに変換してインターネットへの接続をおこなうので、結果として不正アクセスを防ぐ重要な役目を果たすことになります。

自宅で使うパソコンが1台であったとしても使用するのは望ましいといえるでしょう。




ルーターはIPアドレスを持つ

ルーターはIPアドレスを持っていると考えると分かりやすいと思います。

外側のインターネットに対してのグローバルIPアドレスを1つ、そして内側のネットワークに対してのプライベートIPアドレスをひとつです。

このグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを巧みに操ることで ネットワーク内の複数のパソコンを同時にインターネット接続することを可能にしています。

具体的にいいますと、例えばルーター接続の環境であるならば、ipconfigというコマンドを入力すれば ルーターのネットワーク内でのIPアドレスが分かります。

デフォルトゲートウェイともいいます。入り口という意味です。

ネットワーク内において ルーターは常に起点となるIPアドレスを持っていて、ネットワーク内のパソコンやネットワーク機器に自動的にIPアドレスを振り分けるということをしています。

このルーターのIPアドレスを ブラウザのURLにそのまま入力して 管理画面に入ることができるようになっています。

ルーターの種類

パソコンと有線でのみつなぐことができるものを、有線ルーター。有線ルーターに無線機能が付いたものを無線ルーター。光ファイバーやADSLなどの回線で利用するものをブロードバンドルーター。プロバイダが貸出すモデムにルーター機能がついているものを、ルーター内蔵モデムなどとよびます。

最近ではどこの回線事業者・プロバイダもルーター接続になりつつあり、ルーターはモデムと同じように利用者に貸し出されるようになっています。

NTT 光ファイバーモデム兼ルーター。
NTT ルーター

複数のLANポートがあり、パソコンやネットワーク機器をつなぐことができます。
複数のLANポート

自分の使用している機器が、単なるモデムなのか、それともルーター機能が付いているかは把握しておいたほうがいいでしょう。

プロバイダが貸し出すルーター内蔵モデムなどでは、後ろのLANの差込み口が一箇所しかない場合がありますが、この場合ルーター内蔵モデム→ハブ→PCとつなぐことでPCの複数台接続が可能となります。

またルーターは通常LANの差込み口が4つであることが多いのですが、もう少し接続するPCを増やしたい場合などもハブをどこかの差込み口に追加すればいいわけです。

ここでは例として一般的なルーターを紹介しています。

BUFFALO 有線BBルータ ハイエンドセキュリティモデル BBR-4HG

BUFFALO ギガビット対応 有線ルーター

BUFFALO 11n/g/b対応 無線LANルーター WHR-G301N/N




関連情報

メニュー