23インチモニターはどうか?

液晶ディスプレイを付けたり、交換したりする際に、23インチモニターというのは候補にあがることがあります。パソコンパーツ店などでも23インチモニターは、よく展示されています。

23インチモニターの大きさや使い心地はどうなのか?実際に使って気付いたことなどを紹介しています。

三菱製の23インチ液晶ディスプレイ。液晶ディスプレイの~インチというのは、対角線の長さを示します。1インチは2.54cm。23インチは、58cmぐらいです。

三菱 23インチ液晶ディスプレイ

最近の液晶ディスプレイは、ほとんどがVGA、DVI、HDMIの端子を1つづつ揃えています。液晶ディスプレイを購入する際は一応チェックしておくポイントです。パソコン側のどの端子と接続できるかというのは予め把握しておく必要があります。

入力端子

いままで使っていた21.5インチの液晶ディスプレイ。

21.5インチ

新たに取り付ける23インチ ディスプレイは、DVIで接続しました。今回は、デュアルディスプレイにしました。

DVI

そして、いままでDVIで使っていた21.5インチをVGAで繋ぎます。普通はHDMIとかDVIを使ったほうがいいのですが、拡張モニター側なので特に問題がないためこうしています。

フルHDの液晶では、やはりDVIかHDMIが画質がよいです。それぞれ付けてみると分かりますが、はっきりと違いが分かります。

VGA

23インチがメインで、21.5インチが拡張です。

デュアルディスプレイ

23インチと21.5では大きさが変わらない感じですが、実際に画面を前に操作を行うと、それなりに大きさが違うことが分かります。

ともにフルHD 1920×1080での表示ですが、文字やアイコンは21.5インチより23インチの方が大きく見えます。

横1920 縦1080のマスがあるとして、これが21.5インチに収まるのと、23インチに収まるのでは、23インチのほうがひとつのマスが大きくなるということになります。そのため、画面が大きい23インチのほうが通常のアイコンや文字も若干ですが大きくなります。

使用感

使用感を端的にいうと、すばらしいといったところです。

画面そのものの美しさ・鮮明さもそうなのですが、余裕のある画面なので、何をするにしてもゆったりとした気持ちで操作できるといったところでしょうか。

縦横のバランスとかが、21.5インチなどより非常にバランスがとれている気がします。例えば21.5インチでは、横が少し長いという印象を持つのですが、23インチではなぜかそういう感じがしません。

他に、フルHD液晶全般にいえることですが、横長になりますのでブラウザでタブをたくさん開くことができたり、タスクバーにたくさん表示できるというものがあります。

先に述べたように、21.5インチより23インチの方が、通常のアイコンや文字が若干大きいので、これが逆に見やすくてよいという人も多いかもしれません。

いままで使っていた液晶ディスプレイが小さいものから大きいものに変わると、ものすごく違和感があるのではないか?という不安があるものですが、実際のところは慣れの部分が大きいです。はじめはなんとなく違和感があるものですが、そのうち慣れてきて見ている画面が快適になるものです。

液晶ディスプレイには、グレア、ノングレアというのがあります。グレアというのは光沢がかっている画面をいいます。ノングレアは非光沢液晶で通常の画面になります。ノートパソコンとかでよくある艶のある画面です。

これは好みの問題にもなるのですが、グレアは背景が液晶に反射して映ることがあります。部屋の蛍光灯とかいろいろなものがうっすらと映り込むということです。環境によっては見えづらいということもあります。

無難に使うのであれば、ノングレアのほうがよいといえます。

机の奥行き

画面が少し大きくて圧迫感のようなものがあったり、目に悪いのではないか?という時は、液晶ディスプレイを少し離してみるという方法があります。

机の奥行きである程度調整できるということです。奥行きで調整できるので、ある程度離して液晶ディスプレイをおけるなら特に問題はないと思います。結構離しても、画面がよく見えるというのがあります。

机の奥行き

逆にいうと机の奥行きがあまりないという環境では、画面が大きすぎると感じた場合に調整が難しいので、この点は注意すべきところかもしれません。

21.5インチのほうが適切ということも考えられます。



コメントを残す



サブコンテンツ