Toshiba E7、E8シリーズ HDD交換

Toshiba E7、E8シリーズのHDD交換やメモリー増設の解説です。

E7シリーズには、E7/518やE7/418などの型番。E8シリーズには、 E8/520や E8/420などの型番があります。この機種のデフォルトのHDD容量は30GB~60GB。メモリーはほとんどが256MBです。HDD交換で80GB、メモリー増設により512MB~1GBにすることができます。

Toshiba E8シリーズ。dynabook E8/520CME。

E8シリーズ

背面です。赤枠がHDD、青枠がメモリー、紫枠がCPUファン、緑枠がバッテリーの場所になります。まずはバッテリーを外します。CPUファンのクリーニングについては星型の特殊ドライバーであるトルクスドライバーが必要になります。HDD交換やメモリー増設の場合は通常のドライバーであれば作業できます。

背面

赤枠のネジを抜くことで、CDドライブを外すことができます。青枠のネジを抜くことでメモリーカバーを外します。

ネジ

それぞれネジを抜き、CDドライブとメモリーカバーを外した状態です。HDDとメモリースロットが見えます。HDDは4本のネジで固定されていますので外します。メモリーはE7シリーズ、E8シリーズともにDDR266、DDR333です。詳しくはメモリー増設を参考にしてください。

HDDとメモリー

HDDは、赤枠で示したマウンタで固定されているので、新しいHDDに付け替えます。HDDはIDE接続です。

マウンタ

ハードディスクは、アルミのカバーがついています。これはマウンタを外すとHDDに付け替えることができます。

カバー

HDD交換後、リカバリーディスクから起動するとWindowsのインストールをすることができます。





5 Responses to “Toshiba E7、E8シリーズ HDD交換”

  1. ジョン より:

    こんにちは
    CPUファンの掃除をしたいんですけど、
    適合するトルクスドライバーの詳細がわかりません。
    もしおわかりでしたらおしえてください。

  2. 匿名 より:

    トルクスT6です。

  3. よたっぺ より:

    管理人 様
    大きな音を再生した為にスピーカーの音が可笑しく成りました。スピーカー部の分解は、どの様にすれば良いでしょうか。教えて頂ければ助かります。

  4. admin より:

    この機種は、スピーカーまでの分解はかなり難しいような気がします。
    カバーなどすべて外さないとスピーカーまでは到達できないかもしれません。

  5. よたっぺ より:

    管理人様

    説明有難う御座います。
    一度、出来る所まで分解してみます。

コメントを残す



サブコンテンツ