AcerPower 2000 分解

AcerPower 2000を分解してみたので紹介します。Acer エイサーは、台湾のパソコンメーカーです。傘下企業に傘下にAOpen、BenQがあります。

AcerPowerは、AcerPower 1000とAcerPower 2000とがあります。かなり小型のデスクトップパソコンです。HDD交換、メモリー増設など分解作業は容易になっています。

底面の土台を外します。

土台

背面ネジを外します。ところでディスプレイ接続端子がVGAとDVIふたつあります。この小ささでVGAにもDVIにも対応しているようです。

背面

前面カバーを外すため、3箇所の爪を解除していきます。

爪

前面カバーを半分外します。ケーブルがあるので完全には外れません。

前面カバー

ハードディスクの隣に1箇所ネジが留められています。これを外します。

隣

黒いベルトを持ち上げるとHDDと光学ドライブを固定しているマウンタごと取れます。HDDのケーブル、光学ドライブのケーブルを外します。光学ドライブのケーブルは爪を解除して外すことができます。

ネジ4本外せば、HDD交換が可能です。基本的にSSDも搭載は可能です。

小型筐体で熱対策を考えるとHDDよりSSDは向いているかもしれません。OSがWindows Vistaでさらに高速化を行いたい場合は、SSD交換も選択肢の一つといえます。

HDD交換

メモリーは青枠のところになります。

メモリー

対応メモリーは、メモリー増設を参考にされてください。





コメントを残す



サブコンテンツ