Lenovo Thinkpad X61 セカンドファン交換

Lenovo Thinkpad X61の電源を入れると、「Fan Error」とメッセージが表示されて、Windowsが起動できない時があります。この場合、BIOSにも入れないようです。

「Fan Error」は、他のパソコンでも似たようなメッセージが表示されることがあります。

Lenovo Thinkpad X61は、ファンが2つ付いています。CPUファンとタッチパット下のセカンドファン(第2ファン)です。大抵はこのいずれかのファンが壊れています。両方共壊れているということはあまりないと思います。

壊れているファンを交換すれば(ファンが動作すれば)、「Fan Error」のメッセージは表示されなくなります。

まずどちらのファンが壊れているのか確認するため、パソコンを分解してみます。

バッテリーを外します。ハードディスク、メモリーのネジです。

バッテリーを外す

ハードディスクとメモリー。ハードディスクは取り外しておきます。ハードディスクは SATAです。

ハードディスク

底面のネジを外します。緑を外すとキーボード、水色を外すとベゼルカバーを取り外せます。ネジはすべて外します。

底面のネジ

Thinkpadでは、ネジ穴の横にマーク(絵)が付いていて、キーボードのマークが付いているところがキーボードを固定するネジになります。キーボードとベゼルのマークが付いているのでこれは両方を固定しているネジということになります。

ネジ穴のマーク

これはベゼルカバーを固定しているということが分かります。

ベゼルカバーを固定

キーボードは少しスライドさせる感じです。マイナスドライバーを窪みに入れてスライドさせました。

スライド

キーボードを持ち上げます。

キーボードを持ち上げる

キーボードのケーブルを外します。はめ込みタイプなので 簡単にとれます。

キーボードケーブル

ベゼルカバーを外す前に ケーブルを外しておきます。

ケーブルを外す

液晶は広げていたほうが、取り外しがしやすいです。

液晶を広げる

セカンドファンが見えます。

セカンドファン

「Fan Error」がどちらのファンの故障によるものか分からなかったので、この時点でキーボードを取り付けて電源をONにしてみました。

CPUファンは回転したのですが、セカンドファンは全く動作せずという状況。セカンドファンの不良で間違いないようです。

電源ON

新たに取り付ける セカンドファン。

新しいセカンドファン

こういう形状です。

形状

もともと付いているファンを取り外します。

ファンの取り外し

黒い土台部分は取れる感じではなかったので、そのまま残しました。

土台

新しいファンは土台部分も付いているので、ネジを外しファンの部分だけ使用します。

土台とファンを分ける

取り付け。

取り付け

キーボードを付けて動作確認するとセカンドファンが動き出しました。

動作確認

あとは元通り組み立てていきます。

組み立て

セカンドファンは、42W3410という型番のものでした。全く同じものを探して取り付けました。シールの場所などが異なっていたのでひょっとしたら改良型なのかもしれません。

非常に小さいファンです。以前交換したレッツノート CF-W7のCPUファンと同じぐらいの大きさで、やはり小型なので壊れやすいというのはあるのではないかと思います。ただし交換は結構簡単です。

CPUファンの不良だと、マザーボードを取り外す必要があるので、もう少し分解を進める必要があります。

LENOVOは、ホームページで分解・保守マニュアルもあるのでそれを参考にすることもできます。

また、今回のようにFRUという部品の型番が記載されているものは、LENOVO経由でも取り寄せができるようです。セカンドファンやCPUファンは、自分で交換できるようになっています。



サブコンテンツ