NEC VRシリーズ HDD交換・メモリー増設

NECのVRシリーズのHDD交換・メモリー増設までの分解過程の紹介です。

NECのVRシリーズはTVチューナー内蔵の一体型パソコンです。VR300、VR500、VR700などがあります。今回はVR700の分解ですが、VR300やVR500も筐体のデザインはほぼ同じようです。メモリ増設やHDD交換までの過程は参考になるかと思います。

この機種のメモリ増設やHDD交換、マザーボードまでの分解は比較的簡単です。

NEC VR

メモリーとBIOS電池の場所は、背面左上のところからです。カバーが付いているのでネジを外すと簡単に到達します。メモリーの増設については、メモリー増設を参考にしてください。

メモリー

次に土台の部分のネジ4本を抜きます。

土台

黒いカバーを外したら、アルミのカバーを外します。ネジを抜きます。

アルミのカバー

ハードディスクが見えます。ハードディスクはSATAです。青枠のネジを抜いてマウンタごと引っ張ればスライドして出すことができます。IDEの光学ドライブも簡単に交換できるようです。

ハードディスク

内部クリーニングなどでマザーボードが見えるまでさらに分解するには、背面の4箇所のネジを抜きます。

背面

黒いカバーを外すと、アルミのカバーが見えます。アルミカバーの周りを見るとネジがいくつかありますので抜きます。まず上部から。

ネジ

見えにくいところにもネジがあるので抜きます。

見えないところ

アルミカバーを外すと、マザーボードが見えます。FANのところを掃除・クリーニングするならここまで分解したほうがよさそうです。

マザーボード

このVRシリーズですが、電源トラブルが多いようです。

電源が入らなくなった、電源が落ちる、電源が一瞬付くがすぐに消えるなど。おそらくマザーボードのコンデンサ不良だと思われます。どの型番がこれに該当してくるか詳細は不明ですが、ほぼすべてのVRシリーズにあてはまるかもしれません。

電源が一瞬付くがすぐに消えるというVR700CDにおいて、電源交換、メモリー交換、CPU交換など行いましたが症状は変わりませんでした。隠れていてまだ確認しておりませんが、PCIカードの裏にあるコンデンサが怪しいのではないかと推測しております。



コメントは受け付けていません。



サブコンテンツ