NEC ValueOne MTシリーズ 電源を交換する

NECのValueOne MTシリーズの MT600/7で電源を交換してみました。

ValueOne MTシリーズは、ミニタワータイプのデスクトップパソコンです。

ValueOne MTシリーズ PC-MT6007A。

ValueOne MT600/7

サイドパネルを開けると内部にアクセスできます。電源が壊れているので取り外しています。

よく見ると、MicroBTXという規格になります。自作パソコン(ATXやMicroATX)では、左上に電源、マザーボードのIOパネルなのですが、それが正反対の右側になっています。一部のValueOne MTシリーズの機種に見られます。

ケース内部

今回は電源ユニットが壊れたので交換します。用意したのはパソコンパーツ店でも販売されているATX電源。80plusブロンズ 500wの電源を選びました。

ATX電源

取り付けてみるとネジ穴は一致。固定します。

ネジ穴

メイン電源・CPU電源につなぎます。

メイン電源とCPU電源

他のパーツ ハードディスクや光学ドライブなどにもつないで簡単に交換ができました。

電源交換

すべてのValueOne MTシリーズで交換できるかどうかは分かりませんが、ATX電源への交換はできる可能性が高いです。電源ユニットが壊れたり、グラフィックボードの増設などで電源不足・コネクター不足になったりケースもあるので、そうした場合は、電源交換も検討してみるといいかもしれません。

フロントパネルは取り外しができます。

フロントパネル取り外し

ハードディスク取り外しや交換では、ネジを1本外します。

ハードディスク取り外し

カードリーダーやハードディスクからマザーボードに繋がっているケーブルはすべて外して、前面からマウンタごと取り出します。

前面から取り出し

BTXとMicroBTXとは?

BTXやMicroATXというのは、自作パソコン(ATX・MicroATX)に近い規格です。

電源ユニットは、BTX用・MicroBTX用というのはなくて、自作パソコンと同じくATX電源やMicroATX電源を使います。

この規格は ATXやMicroATXの規格を提唱したIntelが、2003年に提唱したものです。

BTX規格というのは、ケース内のエアフローを改善したものと言われています。当時は CPUが高発熱・高商品電力であったため、CPUを始めとしたケース内のエアフローを考える必要があったと思われます。

通常のATX・MicroATXの電源では、このようなエアフローです。

ATXのエアフロー

BTXやMicroBTXのケースでは、フロントパネルからの吸気がすぐにCPU周辺に行き、リアへ流れていくという仕組みになっています。

BTXやMicroBTXでは単純に吸気がまずはCPUへ行くかたちなります。CPUを冷却しようという考えです。なぜBTXはこんな真逆な構成なのか?と思っていましたが、ひとつにはこうした意図があります。

また、メモリースロットもATXやMicroATXのマザーボードでは縦に付いていますが、BTXやMicroBTXのマザーボードではエアフローと平行になっているのも特徴です。

ただ、Intelが低消費電力・低発熱のCPU Core 2 Duoを開発したことで、このBTX・MicroATXの規格はほとんど使われることはなくなりました。発熱の多い Pentium 4やPentium D、またはCPUの冷却を考慮したサーバーなどで使われていたと考えられます。

BTX・MicroBTXの規格は、ATXやMicroATXとは、エアフローが違うということを知っておくといいかと思います。電源ユニットやその他のパーツ増設などではほとんど違いはありません。

メーカー製パソコンのBTX・MicroBTXのケースやマザーボードでは、いろいろと制約はあると思いますが、普通のメーカー製パソコンとは違い 電源ユニットなどの交換ができる可能性は高いです。



サブコンテンツ