3Dグラフィックの性能を測るベンチマークソフト 3DMark06

3DMark06は、パソコンの3Dグラフィックの性能を測定するベンチマークソフト。フィンランドのFuturemarkが開発する、ベンチマークソフトウェア。

本来はシェアウェア・有料ソフトですが、機能制限が付くもののフリーでも利用できるようになっています。3DMark06は、XP、Vista、7で利用できます。

今回、Windows XPで3DMark06を利用してみました。

試験機はCPU Pentium4 3.2GHz、グラフィックボード 9600GT メモリー2GBです。3Dグラフィックのテストなのでオンボードグラフィックのパソコンでは動作が難しいと思います。

ダウンロードは下記から。

3DMark06

基本的にウィザードに従います。

メッセージ

するとDirect Xのセットアップウィザードが出ますので進めていきます。

DirectXセットアップ

OKで進みます。

インストール

アイコンをクリックして3DMark06を起動。

3Dmark06

5秒ほど待つとContinueがクリックできます。

continue

画面をCloseで閉じます。

close

Run 3DMarkをクリックしてスタート。フリーで使用する場合は、その他のオプション設定などは扱うことはできません。

3DMark06は、

  1. グラフィックテスト1・・・スターウォーズのような宇宙での銃撃戦
  2. グラフィックテスト2・・・月明かりの中を舞う2匹のホタル
  3. CPUテスト1・・・要塞を攻める戦車
  4. CPUテスト1・・・要塞を攻める戦車
  5. グラフィックテスト3・・・峡谷を低空で飛ぶ飛行船とドラゴンみたいな生き物
  6. グラフィックテスト4・・・日没を迎える南極基地

で進んでいきます。テスト時間は12,3分です。中断する場合はキボードのEscキーを押すと、初めの画面に戻ります。

テスト開始

グラフィックテスト1のスタートです。

グラフィックテスト1

続いてグラフィックテスト2です。

月明かり

樹木

光

続いてCPUテスト1と2です。画像がコマ送りのようになります。

CPUテスト

要塞

続いてグラフィックテスト3です。

グラフィックテスト3

飛行船

最後はグラフィックテスト4です。

テストが終わるとこういう画面になります。クリックするとオンライン上でテスト結果を見れます。

Your Systemがテスト結果。Fastest Systemが今までの最高記録。Common Systemが平均結果です。今回当然のごとく平均も下回りました。

View Moreでさらに詳しいテスト結果のページへ移動します。

このソフトは、3D描画にどれだけ対応できているのか実際の確認、CPUとグラフィックボードの性能の把握などができるといえます。



コメントを残す



サブコンテンツ