Intel SSD Toolbox

Intel SSDの管理ソフト、Intel SSD Toolboxを使ってみました

Intel製のSSDを使うと、IntelのホームページからIntel SSD Toolboxをダウンロードしてインストールできるようになっています。

Intel SSD Toolboxでは、SSDの型番やファームウェアのバージョンなど基本情報、SSDの使用状況や推定余寿命、診断用のスキャン実行、ドライブの初期化、ファームウェアの更新、WindowsのSSD最適化設定などが行えるようになっています。

ダウンロード・インストール

ダウンロードは、Intelのダウンロードセンターから。Intel SSD Toolboxは、Intel製SSDで使用することができます。

Intel SSD Toolbox

ダウンロードしたファイルを実行

ウィザードに従いインストールを行います。

使い方

アイコンをクリックして起動させます。

Intel SSD Toolboxのメイン画面。使用しているSSDの使用状況、ドライブの正常性、推定余寿命などが表示されます。

Trimコマンドに関する操作は、Intel SSD Optimaizerで行います。OSがXPやVistaの場合は、ここでTrimコマンドを実行します。スケジュール設定をすることもできます。Trimコマンドを実行することで、SSDの書き込み速度の低下を防ぐことができます

Windows 7以降のOSでは、Trim機能があるため特別実行しなければならないというわけではありません。

Intel SSD Optimaizer

スタートをクリック。

スタート

実行中。

終わったらこの画面になります。所要時間は数秒です。

SSDのスキャンを行うこともできます。読み取りや書き込みに問題がないかどうかのスキャンです。クイックスキャンと完全スキャンとがあります。

スキャン

Secure Erase (セキュア イレイズ)は Intel SSD の全データを完全に削除することができます。ハードディスクでいう物理フォーマットに近い作業です。

Secure Eraseによりデータの完全消去と同時に、SSD使用開始直後のパフォーマンスを取り戻すことができます。起動ドライブとして使用している時やパーティションがある場合は実行できないようになっています。

あまり使用する機会はないですが、データドライブ (二次ドライブ)やUSBで接続してパーティションを削除すると実行できるのではないかと思います。

Secure Erase

ファームウェアの更新で、SSDのファームウェアの更新ができます。最新のファームウェアでない場合はメイン画面などでビックリマークなどがでるのですぐに分かると思います。

ファームウェアの更新

System Tunerでは、SSDが最適な状態で使用できるようにシステムをチェックして設定を調整できます。

調整が必要な場合は、右端に「調整!」 と表示されますのでクリックします。デフラグやSuper FetchなどSSDに必要のないサービスをここで確認して調整できるわけです。

System Tuner

システム情報では、OSやマザーボード、コントローラーなどの情報が表示されます。

システム情報

右上の?マークがヘルプページ、ホームアイコンでメイン画面に移動します。不明な点はヘルプページで分かりやすく解説されていますので確認するといいかと思います。

Intel SSD Toolboxは、intel製SSDを使用しているユーザーにとっては役立つツールです。

SSDに問題がないかどうかチェックでき、ファームウェアの更新がないかどうかも知ることができます。





コメントを残す



サブコンテンツ