ASUSUpdateによるBIOSのアップデート

ASUSのマザーボードには、ASUSUpdateというBIOS更新ツールが付属しています。Windows上からBIOSをアップデートできるツールです。

今回 ASUSUpdateを使用して BIOSのアップデートを行なってみました。

BIOS更新は、必要なときだけに行うというのが一般的です。CPUやメモリを増設した時にうまくいかなかったときに行うというところでしょうか。

不要なBIOS更新は避けるべきというのは、ASUSのマザーボード代理店のホームページなどでも記載されています。

BIOS更新というのは、マザーボードの基本プログラムの更新を行うわけですが、失敗するとパソコンが全く立ち上がらないこともあります。こうしたこともあることからメーカーなども慎重な立場を取らざるを得ないというのはあるかもしれません。

BIOS更新は何をしているのか?

BIOSはマザーボードに搭載されているプログラムです。

マザーボードと各ハードウェアの接続を確認したり制御したりします。パソコンの中では「最も深い部分」にあるといえます。土台の部分です。

自作系のマザーボードなら有名なのは新しく出たCPUへの対応があります。ホームページのBIOSをダウンロードできるところに New CPU Supportなどとあります。

CPU換装する際に、現在のBIOSバージョンでは対応していないときにBIOSをアップデートする必要があります。

メーカー製パソコンでは新しいCPUへの対応というよりも、バグの解消、BIOS処理の最適化、メモリの互換性向上などもよくいわれます。ASUSは Suppor New CPUしか記載されていないことが多いのですが、実際のところは他の項目も含まれているのかもしれません。

一般的な考え方としては、パーツ交換や増設がうまく行かないときに、BIOS更新をしてみるという感じです。また原因不明のハードウェアのトラブルで解決先が他に見当たらないときなどもBIOS更新はしてみる価値があります。

ただしBIOS更新で全く起動しなくなることもあるといわれているので自己責任で行う必要があります。

方法

1.現在のBIOSのバージョンを調べる

メーカー製パソコンでも、自作パソコンでもBIOSに入ってBIOSのバージョンを確認できます。先ずは現在のBIOSバージョンを確認します。

2.BIOS更新のツールを準備する

BIOS更新には、USBメモリから直接行うこともできるマザーボードもありますが、ASUSの場合は Windows上から簡単に行うことができる ASUSUpdateというツールが準備されています。マザーボード付属のCDにも入っていますしホームページからダウンロードすることもできます。

3.最新のBIOSファイルをダウンロードする

メーカーのホームページで最新のBIOSファイルをダウンロードして更新を適用します。

BIOS更新

自作パソコン ASUSのP5K-VMのBIOS更新をしてみました。

ASUS マザーボード

BIOSに入り、BIOSバージョンを確認します。System Infomationなどの項目で必ず確認できます。この場合 バージョンは0602です。

BIOSバージョンの確認

ASUSのサイトへ行き サポート→ダウンロード

ASUS WEBサイト

自動か手動で製品を選びます。手動ならマザーボード、Socket775、P5K-VMなど。

製品の選択

OSの選択

OSの選択

ドライバやアップデータ、ユーティリティなどが一覧で表示されます。

一覧

ASUS Updateというのが BIOS更新ユーティリティです。バージョンが幾つかあるときは OSに対応しているもので一番新しいものがいいと思います。

ユーティリティ

ダウンロードしてインストールします。

インストール

次にBIOSファイルを探します。BIOSの一覧に表示されています。使っているパソコンのBIOSが0602なので 0704→0803→0902などと更新履歴があることが分かります。ベータ版を除く 最新のバージョン 0902をダウンロードしてみました。

BIOSファイルの選択

ダウンロードして解凍すると 拡張子 .ROMのこういうファイルが出てきます。

BIOSファイル

ASUSUpdateを起動して ファイルからBIOSをアップデートを選びます。ちなみに現在のBIOSファイルをバックアップすることもできます。念のためしておいたほうがいいですね。

ASUSUpdate

BIOSファイルを指定して開くをクリック。

BIOSファイルの指定

現在のBIOS情報と更新するBIOS情報など確認画面が表示されます。0602から0902になる予定です。

自分で設定しているBIOSの設定を残す場合は、チェックを外します。更新ボタンを押すと BIOSアップデートが始まります。

確認画面

何もせずに待っていると BIOS更新は自動的に行われます。メッセージが出たら再起動させます。

再起動

BIOSで確認すると 0902になっているので更新は成功です。

BIOS更新に成功

注意すべき点としては、周辺機器はできるだけ外す、更新中は少し固まるような感じになることがあっても 一切扱わずにひたすら待つ、ブレーカーが落ちるような状況では行わないなどがあります。

またコンデンサ不良やエラーのあるメモリーが搭載されているパソコンなどでは、BIOS更新が失敗する可能性があると思います。Windowsが不安定な場合は、Windows上でのBIOSアップデートは避けたほうがいいかもしれません。

ASUS AI suite

この箇所は追記です。

先日 IvyBridge マザーボード P8H77-VでBIOSの更新をしたので紹介します。

ドライバディスクにも同梱されていると思うのですが、ASUS Updateは、AI Suiteというアプリケーション群に入っているようです。

WEBサイト上でAI Suiteをダウンロードしてインストールしてみました。必要なものだけチェックしてインストールもできます。

AI Suite

更新というボタンから ASUS Updateを行います。

更新ボタン

事前に更新ファイルをASUSからダウンロードしておきます。

更新ファイル

ファイルからBIOSを更新を選び進みます。

ファイルから更新

確認画面。ここでは1603から1801への更新になります。

確認画面

ロゴを変更するかどうか聞いてきます。自分の好きな画像とかにできるようです。とりあえずいいえで進みました。

ロゴの変更

更新中です。

更新中

終わったらパソコンを再起動させます。

再起動

再起動時にBIOSに入り BIOSバージョンを確認。1801で更新されています。

BIOSバージョンの確認

よく覚えていないのですが、BIOSは時刻設定を除きすべて初期化・デフォルトになっていたと思います。

あとから自分でカスタマイズした箇所は 再設定する必要があります。SATA設定がデフォルトでIDEのマザーボードは多いので AHCIでインストールしている場合は変更するようにします。

また最近のマザーボードでは、USBメモリにBIOS更新ファイルを入れておいて、BIOS画面で更新も簡単に出来るようです。必ずしも Windows上で行わないといけないというものではありません。



2 Responses to “ASUSUpdateによるBIOSのアップデート”

  1. TK1129 より:

    オーバークロック含めBIOS更新等をしてみようかと調べています。
    結構、BIOSの更新派のページが目につくのですが、私が持っている本ではBIOS更新の危険性が書かれていて不思議に思っていました。
    どうもメーカーにもよるようです。
    サイトに書かれて有る様に簡単に更新できたら便利で良いですよね^^

  2. admin より:

    どうも管理人です。

    あくまで個人的な見解ですが、BIOSの更新ファイルには 不具合修正や機能改善などが追加されている可能性が高いというのがあります。

    FujitsuやSony、NEC、DELLなど一般的なメーカー製パソコンのBIOS更新は メーカー側で出来るだけ実行するように推奨されています。これはほとんど 不具合解消などが目的です。
    ASUSやギガバイトなどの自作系メーカーは 明確に不具合解消とは明記していませんが、新CPUへの対応だけではなく、不具合修正や機能の改善なども更新ファイルに入っている可能性は高いと考えています。

コメントを残す



サブコンテンツ