パソコンのスペックを簡単に調べる CPU-Z

CPU-Zは、使用しているパソコンのCPU、メモリー、マザーボード、グラフィックなどのスペック・情報を知ることができるフリーソフトです。

パソコンのスペックは、Windows上でもある程度知ることができますが、CPU-Zでは、型番など詳細な情報を調べることができます。

CPU-Zは随時更新が行われています。インストール型のファイルとZIPタイプがあります。インストールタイプのものは setup englishとなっているものを選びます。

CPU-Z

インストール後、CPU-Zを起動します。ZIPファイルでは、実行ファイルをクリックすると起動します。

主に確認する項目は、CPU、Mainboard、Memory、SPD、Graphicsなどです。

CPUのタブで、CPUの概要(name)、ソケットの種類(Package)、CPUのモデル名・クロック周波数(specification)などを見ることができます。CPUがIntelかAMDかは、表示されるロゴでも分かります。

CPU

Mainboardのタブで、マザーボードのメーカー(Manufacture)、型番(Model)、またチップセット(Chipset)の情報を見れます。

マザーボード

Memoryのタブで、メモリーの情報を知ることができます。Typeがメモリーの規格、Syzeがメモリー容量。この場合は2GBです。

Channelsは、チャネルのことで、メモリーの動作モードがシングルチャネルかデュアルチャネルかが分かります。Dual ならデュアルチャネルなので 同じメモリーが2枚付いていることがほとんどですが、メーカーや型番などが異なっていても、デュアルチャネルになっていることがあります。デュアルチャネルは、厳密に全く同じメモリーで動作するというわけではありません。

概要

SPDのタグで、メモリーの詳細情報を知ることができます。この項目ではパソコンに搭載されているメモリースロット別に見ることができます。

スロットを選択すると、そこに付いているメモリーの詳細情報が見れます。メモリーの容量(Module Size)、メモリーの規格(Max BandWidth)、メモリーの製造メーカー(Manufacture)など。

メモリー

Graphicsのタグで、パソコンに搭載されているグラッフィックボードの情報を知ることができます。右にNVIDIAやATIなど搭載されているグラフィックチップのメーカーのロゴが表示されます。Nameでメーカーや型番、Sizeはグラフィックボードに搭載されているビデオメモリーの容量など。

グラフィック

グラフィックボードが搭載されていない場合は、チップセット内蔵のグラフィックが表示されます。右下のMemory Sizeが、メインメモリーから内蔵グラフィックに使わてれいる容量になります。

内蔵グラフィック

CPU-Zは、ハードディスク以外の主要なデバイスを確認できます。また、Windows上からは確認しづらい詳細な情報、例えば、CPUのTDP(CPUの消費電力を示す指標)、CPUソケット、メモリーの規格、メモリーの製造元、チップセットなどを簡単に調べることができます。

このソフトウェアを提供している CPUID.COMには、他に代表的なソフトウェアとしてハードウェアの温度をリアルタイムで測定する HWMonitorがあります。



2 Responses to “パソコンのスペックを簡単に調べる CPU-Z”

  1. bakkas より:

    ここに貼られているCPU-Zは見やすいですよね。
    わたしのは字がこの半分くらいしかありません。
    原因がわかりません。
    WIN7の設定いじってもなおりません。

  2. admin より:

    いろいろ考えてみたのですが
    分かりませんでした
    何かWindows側の設定ではないでしょうか

コメントを残す



サブコンテンツ