Wi-Fiの電波状況を調べる Wifi Analyzer

無線LANの使用は非常に増えているため 特に2.4GHz帯で繋がりにくい、遅いといったトラブルが起きることがあります。

スマートフォンやタブレットでは、無線LAN・Wi-Fiの電波状況を調べることができます。

スマートフォン・タブレットのAndroid系の端末では、Wifi Analyzerというソフトを使うことができます。Google Playのアプリです。フリーで使用できます。

Google play

検索に 「wifi」と入力すれば、すぐに見つけることができます。

Wifiと検索

インストール後、Wifi Analyzerのアイコンをクリックして起動します。

Wifi Analyzer

無線LANの電波状態がみれます。スマートフォンは横にしたほうが見やすいでしょう。

無線LANの電波状況

2.4GHzには 13個チャンネルがありますが、その中に家庭や会社で使われている無線LAN、Wifiスポット、モバイルルーターなど様々な電波が表示されます。

縦軸は電波の強度です。自分が使用している無線LANは 強度が強く表示されます。

電波の強度

無線LANには、2.4GHzと5GHzがあります。

2.4GHzは、チャンネルが重なる部分があるため、無線LANにつながらない、つながりにくいということがあります。このような電波を可視化するソフトウェアを使うと、2.4GHzの状況を調べたり 空きチャンネルを調べたりすることができます。実際のチャンネルの変更は、無線LANルーターなどの設定画面から行います。

対応している端末であれば、設定画面から 2.4GHzを使うか5GHzを使うか選択できます。Android 4.2以降で切り替えができるようです。



コメントを残す



サブコンテンツ