80PLUS 認証 Antecの電源

パソコンパーツ店などで電源を探しているとよく見かけるものに、「80PLUS」のマークが付いた電源があります。

去年の暮れぐらいからよく店頭に並ぶようになってきました。この「80PLUS プラス」のマークが付いた電源とはどういうものなのでしょうか?今後、電源選びの主流ともなってくるかと思いますので、少しおさらいしてみたいと思います。

80PLUSは、80PLUSプログラムが推進する電気機器の省電力化プログラムです。パソコンの電源が20%~100%の負荷時において、電源変換効率が80%以上の基準を満たした製品に対する認証です。

80PLUSのマークが付いている電源は、電源変換効率の高さを示す80PLUSの認証を取得した電源で、付いていない(認証されていない)電源に比べると品質・性能が共に高いということができます。

交流から直流への電源変換効率が違う

日本の家庭用コンセントは交流(AC)100Vです。それに対して、パソコン(パーツ群)は直流(DC)3.3/5/12Vで動作します。つまりパソコンは、電源ユニットで「交流から直流に変換されて」動作していることになります。

あの電源部の発熱というのは、こうしたロスや、交流から直流へ変換しているときに生じる熱であり、電源にFANが付いているのはこうして生じた熱を排熱しているためです。

今までの電源というのはほとんどが、交流から直流への変換効率が80%未満ということであり、多くのロスや無駄が生じているということがいえます。通常の電源ユニットだと70%未満ぐらいが平均だとも言われています。

80 PLUSの認証が始まることにより、今後「交流から直流に変換する際の変換効率が80%以上」という電源が増えてくることになります。

メリット

それでは、電源変換効率が高くなるとどのようなメリットが出てくるかというと・・・

  • 発熱が低い→電源の長寿命、排熱が少なくて済む、静音化
  • 高効率→低消費電力(エコ)

などが主にあげられます。要するに省エネ電源です。

価格は通常の電源より高めではありますが、省エネであることと保証期間の長い電源が増えてきているというのはあります。最近では3年~5年のものが多いようです。

Antec 80PLUSスタンダード

80PLUS スタンダード認証の電源を使用してみました。重みがあり、静音FANが底面に付いています。

電源

組み立て後。何か違いがあるか?といわれてもすぐには分かりませんが、静かで快調に動いてます。

組み立て

ラベルには、3年保障とあります。それだけ壊れにくい電源ということがうかがい知れます。

ラベル

80PLUS認証電源というのは、レビューなどを見る限り認証なしの製品に比べると壊れにくいという傾向があるようです。

また消費電力も抑えられるので、長い目で見るとこれから自作パソコンで使う電源は、まず80PLUS認証かどうかというのを基準にしていくといいかと思います。

Antec 80PLUSプラチナ

しっかりした作りです。

EA-550

12v 4系統。

仕様

自作パソコンに取り付け

取り付け

電源を入れてみました。静かです。

電源ON

プラチナ電源にも、450w、550w、650w、1000wなどがあります。





One Response to “80PLUS 認証 Antecの電源”

  1. Masa より:

    いつも拝見させて頂いて、為になる記事を読まさせて頂いてます。初めて書き込みさせてもらいます。
    正直80PLUSについてはイマイチ意味が分からなかったので今回の記事は大変為になりました。
    現在はAntecのCP850と言う電源を使っています、こちらも80PLUSの製品だったのですね、当時は良く分からず買っていました。
    次回電源を買う際は、GOLDの製品を探して買ってみようかと思います。

    これからも為になる記事を待ってます、頑張ってください。

コメントを残す



サブコンテンツ