TWG-AL625 エバーグリーン

エバーグリーンのPCケース 型番TWG-AL625を使用してみました。

型番TWG-AL625で、4種類あるようです。TWG-AL625/400BK、TWG-AL625/450BK、TWG-AL625/400S、TWG-AL625/450Sです。型番の末尾にBKが付くものが筐体が黒一色で、末尾にSが付くものがシルバーが配色されているものです。また400が付くものが400wの電源、450が付くものが450wの電源が搭載されています。

このケースはミニタワー型で、MicroATXのマザーボード対応、電源はATXです。5インチペイ×2、3.5インチベイ×2、3.5インチシャドウベイ×4です。

さて今回購入したのは、TWG-AL625/450BKです。正確には店頭でシルバーのデザインがありましたので、それが気に入って商品札をレジにもって行きましたが、店側が間違って黒い筐体のTWG-AL625/450BKを渡してしまい、家に帰って開梱したらシルバーではなく黒でした。

しかし黒のケースもなかなか落ち着いた雰囲気を醸し出していましたのそのまま使用してみることにしました。

まず組み立てですが、あっという間に終わります。それほど組み立てやすいケースです。MicroATXのマザーボードを無理なくスムーズにケースに入れることができました。

ケース側のマザーボード土台のネジはもともと付いています。ここはインチネジで留めます。ハードディスクは先に入れて次にマザーボードを入れたほうがいいかと思います。

ネジ、電源ケーブルは付属しています。BIOSスピーカーは小型の独立したものが付いていますので、これも簡単に取り付けることができます。

TWG-AL625

光学ドライブの5インチベイは2コ。3.5インチは計6コ。フロッピーやカードリーダーなど前面には2つ出せます。HDD専用のシャドウベイは4つです。バランスの取れた構成です。空間がゆったりめにあるので電源の配線などを空になっている5インチベイや3.5インチベイに入れると内部がすっきりしてきます。

ケース内部

電源は下部に12cmファンが付いています。静音電源なのでパソコンを起動させても静かです。

静音電源

ケース前面の内側には冷却用にFANを付ける事ができます。HDDのところです。その場合外側からネジをするので前面のパネルを取り外しますが、前面のパネルはいとも簡単にうまい具合に取ることができます。これには関心しました。前面FANを付けるとHDDはややマザーボード側にスライドすることになります。今回前面FANは付けていません。

前面パネル

ケース上部にUSB端子とオーディオ端子があります。また光学ドライブは開閉ボタンと開閉カバーが付いています。

USB端子

前面からの写真。電源ランプが青く光、HDDアクセス時は小さいランプも赤く点滅します。

ランプ

総括すると非常に完成度が高いケースだと思います。

静音電源付き、組み立てのしやすさ、拡張性、メンテナンスのしやすさなどどれも高評価だと思います。しかし、ひとつマイナス評価する点は電源ボタンの硬さでした。たまたまそうだったかもしれませんが、全体的に硬めです。

電源ボタンを押す際に、ケースを片手で支えるぐらいでした。ただこれは前面パネルの裏の電源ボタンになっている黒いプラスチックを、何度か押したり引いたりして柔らかくすることで難なくクリアすることはできました。透明のプラスチックは固定されているので、仕組みをよく見て穴から黒いプラスチックを多少押して柔軟にすると成功しました。

電源ボタン





One Response to “TWG-AL625 エバーグリーン”

  1. kenken610 より:

    はじめまして。
    僕も先日このケースを買って初めて自作しました。
    結構静かでいい感じです。
    組み立てる前に下調べしてたらほぼ同時期に購入した方がいるのを見つけて嬉しくなってしまいました。

コメントを残す



サブコンテンツ