中古パソコンの選び方

最近中古のノートパソコンを買ってみました。

今回中古パソコンの購入にあたり基準にしたことなどを紹介してみたいと思います。

中古パソコンに限った話ではないのですが、パソコンを新しく購入する場合は、確認しておきたい項目というのがあります。

用途によってスペックは違ってくるのですが、最低限抑えておきたい項目になります。

OS

購入時に一番着目すべき点はOSでしょうか。

OSのサポート期間などもありますので、XPはできるだけ選択肢からは外したほうがいいかもしれません。

Vistaの場合は遅いというのがあるので、個人的には避けています。SSDを使うという条件で検討するという感じです。

Windows 7にはProとかHome Premiumがありますが、特別な理由がない限りどちらも同じです。

32bitと64bitとがあるのですが、メモリーを4GB以上使用できる64bitの方がどちらかというとお勧めです。32bitだと3.5GB~4GBがメモリ搭載の上限で8GBとかにすることはできません。

Windows 7 64bitかWindows 8が一番いいと思います。

ただし ライトユース(ウェブ閲覧・メールなど)でそれほど速くなくていい、増設予定はないいう場合や低予算重視なら Windows 7 32bitでも問題はないでしょう。

メモリー

もともと付いているメモリーが何GBかも大事ですが、増設余地があるのかどうかもポイントです。

例えば現在2GBでも4GBにできるのかどうか、現在4GBなら8GBにできるのかどうかなど。また増設するならどういうメモリーを使うかというのもチェックします。

店頭でのメモリー容量が少なくても、後から自分で増設できれば問題ないということです。現在の搭載メモリーと増設余地を確認するというのは大事です。

Windows 7、Windows 8では、4GB以上のメモリー搭載が理想的です。

ただ低予算重視なら、とりあえず2GBでもいいかと思います。

ハードディスク

ハードディスクには IDEとSATA(シリアルATA)の規格があるのですが、SATAの方がいいです。

最近のパソコンはほとんどSATAなのであまり気にする必要はありませんが、古いパソコンや初期のVistaぐらいまではIDEもあります。SATAのほうが全体的な速度が速いことと、交換やメンテナンスがしやすいということがあります。

もうひとつ自分が注意しているのは、1.8インチハードディスクが使われていないかどうかという点です。

通常はハードディスクは2.5インチなのですが、まれに1.8インチのものが使われているノートパソコンがあります。

どういうパソコンで使われているかというと、B5サイズのモバイルノートなどです。FujitsuのLOOXSやSONYのノートパソコンなど。パソコン自体は小さくて見た目は良い感じなのですが、内蔵のハードディスクが1.8インチだと総じて速度が遅い傾向があり、交換やメンテンナスがやや難しかったりします。

ノートパソコンでは、2.5インチ SATA(シリアルATA)ハードディスク搭載が無難なところです。

ハードディスクの容量はあまり関係ありません。250GBだろうと500GBだろうとあまり大勢に影響はないと思います。回転数は、5400回転と7200回転がありますが、読み書き速度が速いのは7200回転になります。

ハードディスクではなくて SSDが使われているパソコンもあります。ハードディスクより容量は少ない傾向がありますが、動作速度は速いです。

CPU

CPUはシングルコアかデュアルコアか?というのはポイントになると思います。

処理速度などに影響が出てきます。基本はやはりデュアルコア以上になります。つまり、Pentium Dual CoreやCore 2 Duoが最低条件です。

どのCPUにもクロック周波数というのがあります。数値が高いほど処理速度は速くなります。最低でも 2.66Ghz以上はあったほうが実用的です。

搭載機種は少ないですが、Core 2 QuadもマルチコアCPUです。コアは4つです。

Core iシリーズは比較的新しい世代のCPUでデュアルコア以上です。性能は Core i3<Core i5<Core i7の順です。

CeleronやPentiumという場合は 昔の古いパソコンに搭載されていることがあるのですが、最近の比較的新しいパソコンでもあります。Core iシリーズの廉価版のCPUです。

この場合 コアが1つのCPUと2つのCPUがあります。

気になるようなら 型番を検索して、コアが1つか2つ調べるといいかと思います。

Celeron DやPentium 4、Pentium Dはいまとなっては古い規格のCPUです。安いパソコンなどでまだあるようですがあまりおすすめはできません。

無線LAN

無線LANを使う場合は、無線LAN機能が内蔵されているかどうかという点が一番大事ですが、最近のノートパソコンではほとんど内蔵されています。

無線LANには2.4Ghzと5Ghzとがあるので、内蔵されている無線LANが2.4Ghzにのみ対応か、2.4Ghzと5Ghzの両方に対応しているかというのは見ておくべき点かもしれません。

たとえば、自宅や会社の無線LANが5Ghzに対応しているなら、内蔵無線LANも5Ghzに対応していれば、電波干渉などがなくスムーズにインターネットができる可能性が高くなります。

ただ後で増設もできるので、とりあえず有線LANで使うとか低予算重視なら 2.4Ghzのみ対応でいいでしょう。

その他

他にもグラフィック性能や液晶の解像度などもありますが、ゲームなどをするなら少し配慮しておいたほうがいい項目です。

また、DVDの書き込みまでしたいなら 光学ドライブがDVDマルチドライブかどうか、ブルーレイを見たいという場合は、ブルーレイディスク対応かどうかもみておいたほうがいいです。

最低限おさえておきたいスペック

すこし長くなったので整理したいと思います。

最低限これぐらいはおさえておきたいというのは下記のようなところでしょうか。

  • OS・・・Windows 7 以上
  • メモリー・・・2GB以上(増設したい場合は増設余地があるかどうか)
  • ハードディスク・・・SATA規格で 160GB以上
  • CPU・・・2コア以上(Pentium Dual Core、Core 2 Duoなら2.66GHz以上)
  • 無線LAN・・・付いているかどうか必要なら確認、ただし安価に増設は可能

これぐらいのスペックだと、パソコンそのものは普通に使えますし、HDDをSSDにして高速化したりすることもできます。

Windows 7はお買い得なものも多い

Windows 7の中古パソコンはわりとお買い得なものが多いです。

それには理由があります。

先にも述べましたように、デュアルコアのCPUやメモリー2GB以上など実用レベルに耐えうるパソコンは、実際のところかなり多いのです。

ところが、XPが2014年4月でサポート期限を迎えるため、ハードウェアとしては問題なくてもインストールされているOS(XP)に問題があるため、それなりのスペックのあるパソコンが無駄になってしまうということになります。

そこでMicrosoftは、中古PCむけに Windows 7のライセンスを特別に安く提供し、今までXPで使っていたパソコンに7をインストールして使えるようにしています。

この中古PCむけの Windows 7を MRRライセンス、また歴史が少し古いものは MARライセンスといいます。

このライセンスは、中古パソコンを販売する会社のみが購入し、パソコンにインストールして販売することができるようになっています。

通常にプロダクトキーが付与されていて 見た目も内容も自作パソコンなどで使われる Windows 7と同じです。個人でこのライセンス・インストールディスクを購入することはできません。

特徴としては 自作パソコンなどと類似していて、OSとドライバのみがインストールされていて、メーカー付属のソフトが付いていないことが上げられます。

中古パソコンを買うときは、そのパソコンが元々 Windows 7で市販され使われていたパソコンなのか?それとも以前はXPやVistaで、あとでMRRライセンスがインストールされたのかを知っておくといいでしょう。

スペック表のOSの項目に MRR、MAR、再生PC版とか記載されていることもあります。

こうしたMRRライセンスやMARライセンスが、Windows 7の中古パソコンをお買い得にしている理由です。

またもうひとつは、需給バランスがあります。

新品や中古のパソコンが市場にあふれていて、買い手が少なくなっています。需要が少ないのに供給が多い、つまり結果として物の値段が下がっている傾向があります。

手持ちの液晶ディスプレイを活用できるか?

パソコンと液晶ディスプレイは、VGA・DVIHDMIなどの規格が使われます。

そのため、規格が合えばパソコン本体が変わっても、接続して普通に使用することができます。

中古パソコンなどで、よくパソコン本体のみ販売されていることがありますが、これは手持ちの液晶ディスプレイを活用できる人がいることを想定しているということです。

中古パソコンでパソコン本体のみ購入する場合は 液晶ディスプレイの規格と購入予定のパソコン本体の接続規格の確認はしておいたほうがいいでしょう。

手持ちのマウスやキーボードも USBタイプならほぼ確実にそのまま使えます。

PS2という規格の場合は これもパソコン本体に接続できるかどうかは確認します。

注意点

これはよくあることなのですが、欠品や一部故障などの中古パソコンも当然あります。

たとえば光学ドライブが壊れている、バッテリーのもちが悪いなど。こういうのは基本的に注意書きなどで補足されていることがほとんどです。

購入時は、どこか不良箇所がないのかどうかは確認しておいたほうがいいです。

ただこうした不良箇所の有無が、パソコン本体の価格を押し下げてお買い得になっていることもあります。

また仕事などで Officeを使用する場合は、Officeがインストールされているパソコンかどうかをチェックしておいたほうがいいでしょう。

よくOffice互換ソフトインストール済みとありますが、これは無料のOpen OfficeやKingsoft Officeなどが入っています。

一応互換性はあるので、マイクロソフトのOfficeで作成した文書などを開くことはできますが、万全ではありませんので、頻繁にOfficeを使う場合、仕事で使う場合は、Microsoft Officeのインストールされているパソコンを選ぶか、別途パッケージ版のオフィスを容易するのが無難です。

中古パソコンショップ

中古パソコンを購入する方法は、通販やオークション、店頭などいくつかありますが、どこで購入するか?という最初のポイント・スタート地点で価格や品質などかなり違ってくると思います。

品質や価格が適正だと思えるところは、やはり中古パソコンショップや中古パソコン専門店です。

中古パソコンショップは、じゃんぱら、ドスパラ、パソコン工房、ソフマップなど。パソコンパーツの販売などもしているところです。

これらパソコンパーツを取り扱っているお店は全般的に品質が高めで、価格も安い、もしくは相応の値段になっていることが多くなります。

パソコンパーツの性能や価格に熟知しているということもあって、中古パソコンにも性能に応じた適正な価格が付いている感じです。

もう少し具体的に言いますと、性能の低いパソコンに高い値段が付いているようなことがない、比較的性能がよいパソコンが意外と安いという傾向があります。

パソコンパーツを下取り検査して販売するくらいですから、当然中古パソコンでも同様なことは行われます。

何をしているのかはよく分かりませんが、店頭で販売するまでにメモリーやハードディスクの検査、各デバイスの検査などが行われていると思います。

もし実物を見て中古パソコンを買いたいというようでしたら、これらの中古パソコンショップに足を運んでみるといいと思います。

中古パソコン専門店

次におすすめなのは、中古パソコンを専門に販売しているところです。上記の中古パソコンショップとの違いは、パソコンパーツの販売をしていない、ほとんど行っていないという点です。

MRRライセンスやMARライセンスの中古パソコンを販売しているお店は、全体的に価格の安いパソコンが多くなります。

購入の際はスペックや価格、保証などを確認しておいたほうがいいでしょう。

デジタルドラゴンは、パソコン工房を運営するユニットコムのグループです。

Amazon

アマゾンにも中古パソコンは探せばそれなりにあります。

中古パソコン専門的が出品していることが多いです。同一機種を買った他の人のレビューを見ることができるので、ある程度使用感など参考にはなります。

Amazonを見ていると分かるのですが、新品もかなり安いということに気付くと思います。先にも述べましたように、最近は需給バランスも関係して、新品にしても中古にしてもお買い得なパソコンは増えています。

カスタマイズする

今回買ったノートパソコン。出先でのインターネットなどが目的です。SONY製のパソコンにしました。購入場所はパソコン工房です。

スペックは、Windows 7 64bit、メモリ4GB(最大8GB)、2.5インチ SATA HDD 250GB、CPU Core 2 Duo P8700、無線LAN 2.4GHz/5Ghz対応、となります。オフィスは付いていません。

SONY VAIO

メモリーを4GB→8GBへ変更。増設余地を把握していると このようにあとからメモリー増設もできます。

メモリー増設

HDDをSSDへ変更。中古パソコンを高速化することができます。Toshiba SSD CSSD-S6T120NTS2Q 120GB。

Toshiba SSD

Toshiba SSDを換装。

作成したリカバリーディスクでインストール。

インストール

特に問題なくインストールもできました。SATA規格のパソコンでは HDDからSSDへの交換もしやすいのです。



コメントを残す



サブコンテンツ