Acronis True Image 11の使い方

Acronis True Image 11を使用したWindowsのまるごとバックアップの方法です。今回はバージョン11での解説ですが、他のバージョンでも似たような操作になります。

Windowsまるごとバックアップというのは、Windowsがはいっているドライブごとバックアップを取ることです。

Acronis True ImageなどでWindowsのバックアップをとっていると、Windowsが起動しないという時でも、正常起動していたときのWindowsに復元することができます。もちろんこれはWindowsだけではなく、バックアップしたときにオフィスやウイルス対策ソフト、業務用ソフトなどをインストールしていたら、これらも含んだ上でバックアップされていることになります。

リカバリーするというのは簡単ではありますが、Windowsのアップデート、ウイルス対策ソフトやその他アプリケーションのインストールなどは時間と労力を要します。Windowsのまるごとバックアップを取るというのは、こうした面倒な作業・手間というものを大幅に省き、いつWindowsが起動しなくなっても、パソコンが利用できるという保険をかけることになります。

また中古で購入したパソコンでリカバリーディスクがないという場合にも、Windowsのバックアップは有効になります。

Acronis True Image 11を使用した実際のバックアップの様子です。

動画ではAcronisはすでにインストール済みです。ポイントは、バックアップ先の媒体の確保と、フォルダの作成です。フォルダは適当に先に作成してもいいし、Acronisの操作中に作成することもできます。バックアップ先はDドライブや外付けHDDなどがいいでしょう。

作成する時間はCドライブの使用している容量やパソコンのスペックにより左右されます。早いときは数分で終わります。

しばらく待つとOKボタンが出るのでクリックしてWindowsを閉じたら終了です。

Acronis

作成したファイルは、イメージなどという呼び方をします。これが圧縮して保存されたファイルなので削除しないように取っておきます。

イメージ

Windows上からの復元

ウイルス感染やWindowsファイルの損壊などでWindowsが起動しない、調子が悪いというトラブルが起きた場合に、リカバリー作業を行いますが、この作業はリカバリー、アプリケーションインストール、アップデート、データ移行なども行わなければなりません。どんなにスピードをあげても数時間はかかることがあります。

それに対して、Windowsを丸ごとバックアップしていた場合、作業時間・労力を大幅に減らしてこれらの復元作業を行うことができます。

復元方法も、状況に応じて選ぶことができます。

  • Windowsが起動できる場合→Winddows上で復元作業を開始
  • Windowsが起動しない→起動ディスクで復元作業を開始

Acronisでは復元時に様々なオプションを選択できますが、ここでは一般的なWindowsの復元を解説しています。

いま現在のWindowsです。バックアップを取ってから、しばらく経っていると仮定します。デスクトップ画面はこのような感じです。

デスクトップ

Acronisで復元を開始します。復元の際は、プリンターや外付けHDDなどの周辺機器は外しておいたほうがいいでしょう。

動画の流れは以下の通りです。

  1. Acronisを起動
  2. 「バックアップと復元」を選択
  3. 「復元」を選択
  4. ウィザードが開始→次へ
  5. バックアップアーカイブの選択(以前バックアップをとったファイルを指定する)
  6. 復元の種類の選択→そのままで次へ
  7. 復元するパーティションまたはディスクの選択→Cドライブ(Windows)を復元するので、Cドライブを選択
  8. パーティションの復元場所の選択→Cドライブ
  9. 復元するパーティションの種類の選択→アクティブを選択
  10. 基本的にあとは全て次へで進みます。最後に実行→再起動

Windows上から操作すると、必ず再起動が求められます。再起動を選択すると、以下のように勝手にWindowsが再起動してAcronisのロゴのあと復元作業が始まります。

復元

復元作業が終わるとパソコンが再起動して、Windowsが起動してきます。このときWindwosから再起動を求められたら、その通りにします。

再起動

以前バックアップをとったWindowsへの復元ができました。

所要時間はパソコンのスペックやドライブ内のデータ量にもよりますが、早いときでは10分以内で終わることもあります。

ブータブルディスク作成

Acronis Ture Image 11でのブータブルディスク(起動ディスク)の作成方法です。

ブータブルディスクというのは、Windowsが起動しなくても、CDからAcronisの操作ができるように起動させるディスクのことです。

Acronisの場合、インストールCDがそのまま起動ディスクとして利用できますが、購入時のAcronisはアップデートが適用されていないものになるので、できるだけパソコンにインストールしアップデートを適用したAcronisで、ブータブルディスクを作成することになります。

ブータブルディスクがあると、Windowsが起動しなくなってもCDからAcronisを呼び出し、バックアップしているイメージファイルから以前保存したWindowsを復元することができるようになります。

Acronis Ture Image 11におけるブータブルディスク作成 の様子です。

空のCD1枚とCDに書き込みできるドライブがあれば作成可能です。なおCDは適当なタイミングで挿入して問題ありません。

ディスク作成は数分で終わり、起動しないなどのトラブル時に使うことができます。

起動ディスクからの復旧方法は、ディスクからの起動という点が異なるだけで、画面や内容はWindows上からの復元とほとんど同じです。



コメントは受け付けていません。



サブコンテンツ