Acronis True Image 11を使用したWindowsの復元

Acronis True Image 11を使用したWindowsの復元の方法です。

前回のAcronis True Image 11を使用したWindowsのバックアップの続きとなります。

AcronisなどのWindowsまるごとバックアップができるソフトの最大の利点は、復元スピードの速さです。

ウイルス感染やWindowsファイルの損壊などでWindowsが起動しない、調子が悪いというトラブルが起きた場合に、リカバリー作業を行うわけですが、この作業はリカバリー、アプリケーションインストール、アップデート、データ移行なども行わなければなりません。どんなにスピードをあげても数時間はかかる作業となります。

それに対して、Windowsまるごとバックアップをとっていた場合、作業時間・労力を大幅に減らしてこれらの復元作業を行うことができます。

復元方法も、状況に応じて選ぶことができます。

  • Windowsが起動できる場合→Winddows上で復元作業を開始
  • Windowsが起動しない→起動ディスクで復元作業を開始

Windows上からの復元

Windowsが起動できる状況で復元をしたい場合は、下記の動画のような感じで行います。Acronisでは復元時に様々なオプションを選択できますが、ここでは一般的なWindowsの復元を解説しています。

いま現在のWindowsです。バックアップを取ってから、しばらく経っていると仮定します。デスクトップ画面はこのような感じです。

デスクトップ

Acronisで復元を開始します。復元の際は、プリンターや外付けHDDなどの周辺機器は外しておいたほうがいいでしょう。

動画の流れは下記の通りです。

  1. Acronisを起動
  2. 「バックアップと復元」を選択
  3. 「復元」を選択
  4. ウィザードが開始→次へ
  5. バックアップアーカイブの選択(以前バックアップをとったファイルを指定する)
  6. 復元の種類の選択→そのままで次へ
  7. 復元するパーティションまたはディスクの選択→Cドライブ(Windows)を復元するので、Cドライブを選択
  8. パーティションの復元場所の選択→Cドライブ
  9. 復元するパーティションの種類の選択→アクティブを選択
  10. 基本的にあとは全て次へで進みます。最後に実行→再起動

Windows上から操作すると、必ず再起動が求められます。再起動を選択すると、下記のように勝手にWindowsが再起動してAcronisのロゴのあと復元作業が始まります。

復元

復元作業が終わるとパソコンが再起動して、Windowsが起動してきます。このときWindwosから再起動を求められたら、その通りにします。

再起動

以前バックアップをとったWindowsへの復元ができました。

所要時間はパソコンのスペックやドライブ内のデータ量にもよりますが、早いときでは数分で終わります。





コメントを残す



サブコンテンツ