画面が消える グラフィックボード交換

パソコン使用中に、画面が突然消えるというトラブルがあります。

このとき、パソコンの電源はついていてHDDにもアクセスしており、画面だけが表示されていないのです。このトラブルは、液晶の不良かパソコンのグラフィックボードの不良が考えられます。

このトラブルでは、他の液晶をつないで見たらどうなるのか?を試してみるとよいかもしれません。他の液晶で画面が表示されれば、液晶ディスプレイの不良です。

メーカー製パソコンでも、グラフィックボードがついている機種があります。スリムタイプのパソコンなら、ロープロファイルといわれる幅のやや狭いタイプのものが取り付けられています。端子はデジタル端子つまりDVIなどです。

パソコンのグラフィックボードを外して、マザーボードの出力端子 (主にVGA)に液晶をつないでみて、もし画面が表示されればグラフィックボードの不良になります。

ロープロ対応のグラフィックボード。

グラフィックボード

市販されているグラフィックボードでロープロ対応と記載があれば、スリムタイプのメーカー製パソコンにも取り付けできることがあります。

メーカー製パソコンでグラフィックボードを交換する場合は下記の点を確認して行います。

  • モニターの端子(もともとついているグラフィックボードの端子)は何か?デジタルデジタル(DVI)かアナログか?
  • 接続の規格は何か?PCI、AGP、PCI Expressなど。
  • もともとついているグラフィックボードは通常のものか、ロープロタイプか?
  • 購入するグラフィックボードの端子、接続規格、大きさ(ロープロかどうか)を確認する。

実際の交換作業は下記の通りです。

  • もともとついていたグラフィックボードのドライバなどは、可能ならばプログラムの追加と削除でアンインストールする。
  • パソコンの電源を切る。
  • グラフィックボード交換。
  • 端子にモニターを接続して電源を入れる。
  • 添付CDなどで、ドライバをインストール
  • パソコン再起動

一般的なグラフィックボードの交換方法です。グラフィックボードの交換





コメントを残す



サブコンテンツ