G-Tune ミニタワーをクリーニング・メンテナンスする

マウスコンピューターは、一般的なメーカー製パソコンのようにオリジナルデザインの筐体、規格でパソコンを組み立てているのではなく、ATX規格、Micro-ATX規格を基準としたいわゆる自作系のパソコンです。

そのため、部品交換、メンテナンス、カスタマイズが比較的容易ということになります。

マウスコンピューターの中でも、ゲームなどができる高性能パソコンのブランドをG-Tuneといいます。

今回、G-Tuneのミニタワー型をメンテナンスしてみました。理由は電源がしばしば落ちていたためです。負荷がかかりCPU温度が高いときに電源が落ちる、熱暴走というトラブルです。

G-Tune ミニタワー型。数年前のCore 2 Duoのモデルですがまだまだ現役です。軽くてコンパクトです。片手で抱えて持てます。

G-Tune

背面2箇所のネジを外して、ケース側面をスライドして外します。

ケース

ケース側面を外した様子。

ケース側面

CPUファンが見えるので、早速見てみるとかなり汚れているのが分かります。

CPUファン

光学ドライブ左のネジを外します。

光学ドライブ左

光学ドライブについているSATAケーブル、電源を外して、マウンタごと持ち上げれば、マウンタごと簡単に外れます。

マウンタ

白いカバーも外します。

白いカバー

グリスも塗りなおすため、CPUファンをヒートシンクごと外します。

写真のようにLGA775に代表されるソケットは、黒のつまみにくぼみと矢印が記されています。

マイナスドライバーをくぼみに入れその方向へ(内側へ)向けて、黒のつまみを上に持ち上げるとヒートシンクごと外すことができます。

ソケット

拡大。

くぼみ

CPUです。グリスがパリパリに乾いてます。

CPU

CPUファンとヒートシンクの間に溝がある部分に、マイナスドライバーなどを入れると、CPUファンとヒートシンクは分離させやすいです。

溝

かなり汚れています。

汚れ

ウェットティッシュは、CPUファンやヒートシンクのクリーニングや古いグリスの除去に役立ちます。

超強力

クリーニング後。

クリーニング後

CPUファンとヒートシンクを元のように合わせて、黒いつまみを外側に回転させます。

外側へ

黒いつまみを上方向にあげます。青枠の黒い爪が内側のほうに入ればOKです。

上へ

このような感じになります。

元々付いていた古いグリスをふきとって、新しいグリスを塗ります。

グリス

ヒートシンクを固定します。4ヶ所の穴にプラスティックの足が入っていることを確認して、黒いつまみを上から下へカチッとなるまで押し込みます。

下へ

結構いろんなところが汚れているのですが、グラフィックボードを外して専用のブラシを使用すると楽にクリーニングできます。

クリーニング

グラフィックボードを外すときは、背面のネジと固定カバーを外します。

固定カバー

つまみやロックレバーに注意します。解除の方法はマザーボードによります。写真はECS製マザーボード。白いつまみを下げると解除になります。

解除

グラフィックボード。FANを外してクリーニングできるときもあります。

グラフィックカード

クリーニングが終わったら、元の通りに組み立てていきます。

組み立て

G-tuneのミニタワー型は、ケース自体が小さくコンパクトなので、空気の流れ・埃が滞り汚れがたまるということは起こります。

電源が落ちる、音がうるさいときは、クリーニング・メンテナンスをするとパソコンの長持ち・静音化にもなるかと思います。



コメントを残す



サブコンテンツ