グラフィックボード 掃除・クリーニング

今回はグラフィックボードを簡単に掃除・クリーニングしてみたので紹介しています。

グラフィックボードは、CPUと同じく発熱が大きく、排熱の問題は気を付けておくべき点です。グラフィックボードに埃がたまった状態で使い続けると、以下のようになることがあります。

  • ファンの回転数が上がり、音がうるさい
  • 高回転・高温で使用し続けた結果、FAN、GPUやVRAM(ビデオメモリー)、コンデンサなどの故障
  • グラフィックボードの故障
  • パフォーマンスが落ちる

故障すると、ある日突然画面表示されない、起動しない、縦線・縞模様が出るなどの症状が出ることもあります。

自作パソコンの内部。グラフィックボードはMSI 7600GT。

グラフィックボード

グラフィックボードのFAN側。埃がいろんなところに付着しています。まだまだ軽微なほうではあります。たまにキノコが生えたようになっているグラフィックボードもあります。

FAN側

グラフィックボードの裏側。基板上にうっすらと埃が積もっている感じです。このようなパソコンではパソコン内部も全体的に埃がたまっています。

裏側

グラフィックボードを固定しているネジを外します。

ネジ

グラフィックボードの取り外しや取り付けでは、スロットの爪に注意します。マザーボードのメーカーによってロックがかかっていることがあります。爪を確認しながらグラフィックボードを引き出します。素手でも可能ですが、静電気防止の手袋を使用するのが無難です。またファンに直接触れて力を加えないようにします。

スロットの爪

取り出したグラフィックボード。

取り出したグラフィックボード

仕組みはCPUと似ていて、GPUの上にヒートシンク(金属)、その上にFANという構造になっています。FANの風でヒートシンクに伝わった熱を逃しています。

ヒートシンク

冷却の基本は、「空気の流れ」を作るというのがポイントです。ヒートシンクに埃が付着しているのでとります。マイナスドライバー、ピンセット、綿棒、エアダスターなどを使用します。

注意点として、このようなクリーニングにおいてもファンに直接触れない、力を加えないということです。エアダスターを使う場合も、ファンの部分にドライバーなどを入れ、できるだけ無駄に回転させないようにします。

風の流れ

グラフィックボードを取り出すと、こうした作業ができます。

クリーニング

ファンは綿棒などで掃除します。

FAN

クリーニング後。

クリーニング後

裏側。

傷が付かないようなブラシを使用すると、グラフィックボードにダメージを与えることなくクリーニングできます。

ブラシ

クリーニング後。

グラフィックボードを取り付けの際、トラブル防止のためスロット部分、スロット周辺もきれいにしました。

スロット部分

ほんの10分ぐらいの作業ですが、グラフィックボードのクリーニングを行うことができました。

グラフィックボードの掃除・クリーニングは、以下のような効果が考えられます。

  • 負荷時・アイドリング時ともにGPU温度が下がる
  • パソコン内部の温度を全体的に下げる
  • GPUからの熱を効果的に排熱される
  • FANの音が静かになる
  • GPU、VRAM(ビデオメモリー)の熱による故障率を下げる。
  • FANの回転数が正常化するため、省電力化、ファンの故障率を下げる

グラフィックボードのクリーニングの際に、特に決まった道具はありませんが、多少、メンテナンス用の道具が必要となります。PCケース内に埃がたまっていることもあるため、他の箇所を含めて簡単に、パソコンのクリーニングを行うこともあります。

グラフィックボードを取り外して行うかどうかは、どのぐらい埃がたまっているか、取り外さなくてもクリーニングできるかどうかにもよります。



コメントを残す



サブコンテンツ