ピーとかピピピッと音がして起動しない

パソコンの電源を入れると、ピーッとかピピピッと音がして起動しないということがあります。

ビープ音(Beep音)と呼ばれるものです。

電源投入後に、まずハードウェアの接続状況や問題がないかどうか、POST(自己診断)が行われるのですが、この時になにか問題があるとビープ音が出ます。

音の種類は、メーカーなどによって違いがあるので、完全に統一されているわけではありません。

ただビープ音がなって一番考えられるのは、やはりメモリーです。

他のパーツの故障でも出ますが、HDD、光学ドライブ、電源などではまず出ません。メモリーかグラフィック関連が最も多くなります。

事例

ピーとなって起動しない、画面に何も表示されない

電源は入るものの、ピーと鳴り続けるパソコン。画面には何も表示されません。Fujitsuの一体型パソコン。

試しにメモリーを外すと同じように音が鳴り続けます。

そこでメモリーやメモリースロットを軽くきれいにして再度付け直ししてみたところ、普通に起動しました。

ピピピッとなって起動しない

これもFujitsuのデスクトップパソコン。ピピピッとなったり、ならなかったり。いずれにしても起動しません。何度も電源を入れなおして試して、たまにFujitsuのロゴが出たり消えたり。画面は映らないことがほとんどです。

これも同じようにメモリーやメモリースロットをきれいにして取り付け直すと症状が改善され起動しました。

メモリー再装着

必ずしもメモリーだけが原因というわけではないですが、メモリーの交換、もしくはメモリーの再装着で直ることが多いので試してみる価値はあります。

メモリーとメモリースロット

メモリーの場所

メモリーを取り外します。

メモリースロット

取り外したメモリー。再装着します。

メモリー

メーカーや機種によってメモリーの場所は違うのですが、似たようなところにあります。

BIOS

BIOSは、一般的にマザーボード、CPU、メモリーが正常であれば起動します。

マザーボードがビープ音を出すということは、言い換えればマザーボードは正常であるということもできます。そしてCPUはほとんど壊れることがないことも知られています。残すところはメモリーであり、メモリーは、接触不良、故障などが他のデバイスに比べると起きやすくなっています。

メモリーのトラブルで多いのが、この電源投入後に起動しない、BIOSが起動しないというものです。メモリーの不良やトラブルでは、パソコンを使っている時や起動後に出ることがあるのですが、電源投入直後にも起きることがあります。

電源投入直後では、ビープ音がなる場合と、ならない場合とがあります。

ならない場合は、ただファンの音が聞こえるとか、画面が真っ黒で何も表示されません。共通なのは、電源が入るが、その後進まないということです。ビープ音がなるかならないかは、メーカーやマザーボードによる違いだけだと考えられます。

ビープ音がなって起動しなくなったり、画面に何も表示されないトラブルは、昨日まで普通に使っていた、寒くなってきて暖房器具を使い始めた、帯電などが関係していると考えられます。



サブコンテンツ